【持続化給付金詐欺】主犯格逮捕へ 松江大樹容疑者 2億円詐欺

スポンサーリンク

こんにちはカリアゲです

 

 

持続化給付金をだまし取ったとして東京国税局の職員らが逮捕された事件で、詐欺グループの主犯格とされドバイに出国していた31歳の男が先ほど帰国したことがわかりました。

 

警視庁は、すでに男の逮捕状を取っていてまもなく男を詐欺の疑いで逮捕する方針です。

この事件は持続化給付金100万円をだまし取ったとして東京国税局職員の塚本晃平容疑者らが逮捕されたもので、捜査関係者によりますと警視庁はこの詐欺グループの主犯格とされる職業不詳の松江大樹容疑者の逮捕状を13日朝に取っていました。

 

松江容疑者はことし2月ごろにドバイに出国していましたが、先ほど成田空港に到着したということで、警視庁は松江容疑者をまもなく詐欺容疑で逮捕する方針です。 警視庁は、この詐欺グループがこれまでにおよそ200人に不正に受給させ、2億円ほどをだまし取った可能性が高いとみて捜査しています。

 

 

 

 

ネットのコメント

 

帰国することが分かっていたということは、
UAE政府や捜査機関と連絡を取っていて、何かしらの協力でもしてもらったのだろう。

そうであれば、彼らに感謝しなくてはならない。

政府や司法関係者は、
国を裏切り、不正受給した者たちに全額を返還させるように、手を尽くすように。

そして、厳しい罰を与えねばならない。

数億が大金かどうか別にして、海外に逃げれば遊んで暮らせると思う奴いるけど、実際は指名手配されてパスポートは失効されれば、なんの信用はなくなって、病気にでもなれば大きい病院は見てくれない、日本には帰れない
そのまま年取ったら悲惨な目にあうのが実情
窃盗や詐欺などの経済犯の刑罰はすごく軽いとずっと思ってる。
最低でも100万円で懲役1年とかにして欲しい。
1億円なら死ぬまで社会復帰できない。
それくらいが妥当だと思うんだけど。
<この記事を読んでる方は下の記事も読んでます>
(Visited 158 times, 1 visits today)
タイトルとURLをコピーしました