速報!!【衝撃の事実】水原一平氏、大谷翔平から盗んだ額は24.5億円以上

スポンサーリンク
スポンサーリンク

銀行詐欺には最高1億5300万円の罰金及び最高30年の懲役が科される可能性

大谷翔平の元通訳・水原一平氏【写真:ロイター】

 

米スポーツ局ESPNなどによると、水原氏は大谷の銀行口座にアクセスし、1600万ドル以上を違法なブックメーカーに不正送金したとしている。

これまで不正送金額は450万ドル(約6億9000万円)以上とされていたが、実に3倍以上となる。銀行詐欺には最高100万ドル(約1億5300万円)の罰金及び最高30年の懲役が科される可能性があるという。  

 

水原氏の違法賭博問題については、ニューヨーク・タイムズ紙が10日(同11日)に水原氏が司法取引で窃盗に関連した罪を認める方向で調整していると報道。

水原氏が大谷本人に銀行取引に関する通知が届かないように設定を変更するなど、気づかれずに送金する手口も明らかになっていた

 

この記事対してのコメント

 

7億円弱の借金返済のための窃盗だとされていたことから、24.5億円以上とはるかに大きい金額の窃盗の罪で訴追されることになった。 ギャンブル依存症の人はギャンブルをし続けるためにウソをつくし、会社の金を横領する人も発覚するまでは会社では信頼される立場です。
テレビでもネットでも、大谷選手がはっきりと関与を否定して被害を訴えているのに、加害者の二転三転する発言を根拠にして、「大谷選手が加担していないなんてありえない」などといい加減なことを吹聴していたご意見番がたくさんいました。ニュースサイトはわざわざあやしむ声を拾ってきてアクセス数稼ぎに利用していました。
それにみごとに扇動される人たちがおり、 常識的に考えたら、通訳の違法ギャンブルの巨額の借金を肩代わりするはずないなどわかるはずなのに、扇動されるとわからなくなる。 こういう現象は他の問題でも発生しているので注意しなければいけません。
「違法賭博問題」なんかではなく24億円もの大金を奪った「窃盗事件」であり、マスコミはもっと真剣に捉えた方がいい 昭和の大事件である3億円事件と盗んだ方法が違うだけで、悪質さは同じ 司法取引は恐らく胴元の検挙を狙ったものだろうが、それでももし有罪となったら水原氏が厳しく処罰されることを望む
この記事を読んでる方は下の記事も読んでます
(Visited 18 times, 1 visits today)
タイトルとURLをコピーしました