【kiii】の退所騒動に進展か?最後の砦はラファエルの行動

スポンサーリンク

こんにちはカリアゲです。

 

 

抜けた理由なんですけど、ちょっと変わった理由でして……。簡潔に言うとですね、事務所の代表、社長さんですね。社長さんが代わりました。変な感じで代わったんですよね。しかも、急に代わったんですよ。(中略)前の社長さんが好きで事務所にいたので、居る意味がないかなということで辞めました

 

6月上旬、人気Youtuber「きまぐれクック」のかねこが動画でこう語った。「きまぐれクック」は巨大魚や高級魚などを見事な手腕でさばいていく人気チャンネルで、登録者数は440万人を超える。

 

いつもは軽妙な語り口や楽し気な雰囲気だが、この日の彼は神妙な面持ちだった。

 

 

人気Youtuber続々退所

 

きまぐれクックのかねこがこの動画で報告したのは、自身が所属する事務所「Kiii」からの退所だ。彼と時期を同じくして、「ブライアンチャンネル」(チャンネル登録者数276万人)、「チャンネルがーどまん」(チャンネル登録者数185万人)、「MAKIHIKA」(チャンネル登録者数48万人)、「今日もGatti」(チャンネル登録者数30万人)など、Kiiiに所属する人気YouTuber17人が6月初旬に“退所宣言動画”を公開している。

 

人気YouTuberの退所宣言は話題を呼び、複数のメディアが報じる騒ぎとなった。スポーツ紙記者が語る。

 

彼らの退所理由がKiiiの“内紛”だったことも注目を集めました。事の発端は3月22日、臨時株主総会で当時社長だった高田樹氏が即日解任されたことでした。

高田氏の解任理由は、Kiiiとは別に高田氏が始めた人材紹介業や広告代理業務が、Kiiiの筆頭株主である今井貴則氏が経営する関連会社のビジネスと競合することが分かったから。高田氏の行為が利益相反行為であると糾弾され、Kiiiから離れざるを得なくなったんです

 

この高田氏というのが、冒頭の気まぐれクックのコメントにある「前の社長さん」だ。

 

YouTuberらは高田氏に付随する形で退所を表明。とはいえKiiiからするとこれだけ人気があるYouTuberを一斉に失うことになるわけですから、認めるわけにはいかない。

だからKiiiはまだYouTuberらとの契約は切れていないと主張しているんです。Kiiiと35名のYouTuberは真っ向から対立しています

 

 

最後の砦と言われてるラファエルはどう動く?

 

 

そんななか、YouTuberファンから「Kiii最後の砦」と言われているのがラファエルだ。2014年からYouTuberとして活動をはじめ人気を博し、「無一文からのドリーム」(宝島社)などの著作も上梓。

YouTubeのコンサルティングや、投資家としても活動している“別格YouTuber”だ。ラファエルはKiiiに所属しているが、Kiiiの株を33.3%持っている株主でもある。 多分この株が非常に重要。

 

 

しかしこのラファエルも、実はKiiiに“離縁状”を送っているのだという。

 

ラファエルさんも、他のユーチューバー同様、契約解除通知をKiiiに送っています。ただ彼はKiiiの株式も保有していますし、なるべく揉めたくはないようで、公表していないんです。ラファエルさんの契約は2021年9月30日までなので、更新せず退所するようです。そのタイミングで退所動画を公開する予定だそうです

 

対立を深めるYouTuberとKiiiの関係。現在、退所を巡る話し合いはどうなっているのか?

 

すごい男気を感じる高田さん

 

彼らは一様に「現状を知ってほしい」という。Kiii所属のYouTuberであるAさんもそのなかの一人だ。Aさんは「Kiiiの対応には不信感しかない」と訴えた。

高田樹前社長の解任が適切だったのかどうか、僕らにはわかりません。でも、もし高田さんの方が悪かったとしても、Kiiiに所属するクリエイターのほとんどが、高田さんについていきたいという考えでした。多かれ少なかれ、みんなが高田さんに恩を感じているんです。

 

僕も、動画撮影やSNSへの投稿を毎日続けるなかで、このまま活動を続けていくべきか悩んだことがあったんです。そんな時、社長自ら会いに来て、相談に乗ってくれました。

 

高田さんはビジネスだけでなく、色々な話を聞いてくれるんです。そんな社長が辞めるなら、リスクを取ってでもついていきたいと思ったし、ほかのクリエイターも同じように考えたんだと思います」とのこと。

 

 

契約解除の話

しかしながら、Kiiiからの退所を表明した35名のYouTuberは、いまだKiiiとの契約を解除できずにいる。手続きに問題はなかったのだろうか。

 

クリエイターらはそれぞれ、マネジャーや現場の取り纏め役のリーダーに契約を解除したいと伝えました。しかし『もう少し待って』などと言われ、全く話が進まなかった。それで4月初旬から順次、35名のクリエイターが弁護士に依頼して、Kiiiとの契約解除を交渉してほしいと依頼をしたんです

同月、その弁護士からKiiiに対してYouTuberらが契約解除を希望している旨を通達。しかし、Kiii側の代理人弁護士からは《契約期間内の退所は認められない》という旨の連絡があったという。

 

「Kiiiからは、《契約が満了する3ヶ月前に書面を持って契約解除を申し入れなければ、契約解除はできない》という回答が届きました。

 

Kiiiの公式サイトには《いずれのクリエイターについても当社との契約の有効期間中であり、正式な契約終了の合意に至っておらず、現在、弁護士を通じて問題の解決に向けて協議しております》と掲載されていますが、解決に向けての話し合いなんてまったく進んでいません。僕たちはいまだに宙ぶらりんの状態なんですよ」

芸能事務所と同様に、事務所に所属する際にYouTuberらは契約を結んでいる。そこには契約解除に関する要項もあり、原則としてYouTuberらはそれを順守しなければならない。別のYouTuber、Bさんによると「俺たちは契約に則って契約解除を申し入れた」と主張する。

 

「俺らがKiiiと交わした契約書には、《契約解除》の欄に《財産状態、信用状態または事業内容に重大な変更が生じ、本契約の債務の履行が困難と認められる客観的な事情が生じたとき》と書かれているんです。

 

俺たちクリエイター側からすると、高田さんの解任は納得できないし、しかもそのあとに社長になった中江一喜さんとも今川龍一さんとも信頼関係なんてない。《信用状態》はかなり変わっています。だから、契約解除は当たり前にできると思っていたんです」

YouTuberらがKiiiと交わしている契約書には、確認できる限りで契約時期によって2種類ある。Bさんが持つ契約書はより新しいもので、古いバージョンには《契約解除》の欄に《甲(Kiii)の株主構成、役員の変動等により会社の実質的支配関係が変化し、従前の会社との同一性が失われたと乙が判断した場合》と記載されている。

 

 

泥沼化する現状とガードマン

しかしYouTuberらの申し入れをKiii側が受け入れることはなく、“泥沼の戦い”に突入してしまったのだ。Bさんが続ける。

5月13日、こちらの弁護士から『各クリエイターらは有効な解除に基づきKiiiを退所しているという認識ですので、それを前提に行動する』と事務所へ伝えてもらいました。だから俺たちからすると、『Kiiiは辞めた』っていう認識なんですよ。

 もちろんKiiiにはお世話になったし、嫌いになったわけではありません。契約の解除に向けて前向きに話ができれば、今後の案件についても相談していきたいと思っていました。でも、こんなやり方をするんだったら、こっちとしても敵対するしかないっすよね

 

この事態を受けて、ある人気YouTuberが「顔出し、実名で取材を受けたい」といってきた。そのYouTubeとは「チャンネルがーどまん」のリーダーであるがーどまんだ。彼は「Kiiiとの信頼関係は完全に崩れた」と神妙な面持ちでこう語りはじめた。

 

事務所を辞めたいと伝えても、Kiiiからの回答は契約書がどうこうといったことばかりでした。高田さんの時代だったら、こういった話があればマネジャーが必ず僕の住んでいる大阪まで来てくれていた。でも、いまは僕らクリエイターと向き合う姿勢が感じられません

 

がーどまんは「Kiiiは僕らのことをビジネスやお金としてしか見ていないんです」とも語る。

 

僕は契約書に則り事務所を辞めたつもりです。でも、Kiiiは契約解除できないと主張して、いまだに『チャンネルがーどまん』の有料会員制コンテンツの収益から、手数料を持っていっている。

 

Kiiiは何もしていないのにですよ? 代理人弁護士を通してそれはおかしいんじゃないかと伝えてもらったのですが、Kiiiは『契約期間中だから手数料は貰う』という主張で。もう、そういったセコイ部分にも嫌気が差しますよね。

 

結局、事務所もクリエイターも人としての付き合いですから。そこの信用がないとダメだと思います。僕らはクリエイター同士で互いを鼓舞し、エネルギーを与え合っている。そういった環境だからこそ、動画も伸びるし、ファンも魅力を感じてくれるんだと思うんです。

 

以前のKiiiとは、そういう関係が築けていました。だからこそみんなKiiiと一緒に切磋琢磨していた。でも、今のKiiiにはそういう姿勢がまったく感じられません。クリエイターが残りたいと思える環境じゃなくなったんです

 

YouTuberらとKiiiの“カネの縺れ”は至る所で起きているようだ。YouTuberのマキヒカはこう語る。

 

以前、アパレルブランド『MK BALL FIELD.』を立ち上げたのですが、その権利が全てKiiiにあるので、新商品の販売やイベントがまったくできなくなってしまったんです。中栄前代表取締役に権利を返して欲しいと伝えたのですが、『弁護士を通して協議中。正式に辞められることができれば、返せると思う』と言われたっきり連絡もない。ほんとに、困ってます

YouTuberとKiiiの信頼関係は完全に瓦解してしまっているようだ。

 

 

契約解除できる可能性がある

 

そしてここへきて、新たな事実が発覚した。前出のYouTuber・B氏が、憤った様子でこう明かす。

 

7月いっぱいで小豆島の漁師はまゆうとレジスタンスがKiiiを辞めたのです。以前から契約解除をしたいと声を挙げているクリエイターとの話は進んでいないのに、後から辞めたいと言ったクリエイターとはすんなり契約を解除した。こんなことがあると、契約解除を受け入れないのは高田さんやクリエイターへの嫌がらせなんじゃないかって思ってしまいますよ

芸能事務所などの契約書問題に詳しいオリエンタル法律事務所の代表・佐野太一朗弁護士は「クリエイターらは、契約解除を認められる可能性は高い」と語る。

 

運営会社の株主かつ取締役であった高田氏が解任されたこと、半数以上の所属クリエイターが退所を申し出ている事実が重要だと思います。

 

それらの事実に照らして、契約の解除事由とされている会社の実質的支配関係が変化し、従前の会社と同一性が失われた又は信用状態に重大な変更が生じた場合と判断できれば解除することが可能です。

 

従前の会社と同一性が失われたか、信用状態に重大な変更が生じたかの判断にあたっては、高田氏の解任がどのような経緯であったのか、所属クリエイターが退所を申し出た経緯等を精査しつつ、株主関係の変更等も総合的に検討する必要があると考えられます

 

 

 

kiiiが主張する2つの条件

Kiiiに事実関係について確認したところ、実に41ページにも渡る回答書が届いた。回答書には高田氏の解任理由についての詳細な主張が認められていた。

 

Kiiiによると、高田氏には《過剰な接待交際費の利用》《在任中の競合会社の無断設立と無断事業移転》《取締役としての競業避止義務違反》《忠実義務違反》《利益相反行為》があったという。

 

小豆島の漁師はまゆうとレジスタンスが契約を解除したことについては、《今般の合意による契約解除には2点の条件を設けさせて頂いております。1点目は、今回の一連の退所に関する問題に主体的に関わっていないクリエイターであること。そして2点目は、当社が用意する【合意書】にサインをいただける事となります》と説明している。

添付された合意書には《誹謗中傷等の禁止》《退所報告の禁止》などが記載されており、契約解除ができずにいるYouTuberについては、

 

既に退所報告を行っているクリエイターについては、期日まで退所の報告を行わないという下記の要件を満たす事が出来ませんので、このような形での当社との合意による解除は認めることができません》とした。

 

 

当社としては再三に渡り、問題が解決していない現状において、退所動画の公開/報告を行わないよう弁護士を通じて訴えかけて参りましたが、残念ながら当社の制止を振り切った形で実行されました。

また、一部のクリエイターの動画/報告には、当社を中傷する内容を含んでいるものもあり、結果的に当社の企業イメージを大きく損なう結果となっております。当社としても苦渋の決断ではありますが、現在の状況を鑑み、要件を満たしているクリエイターに限り、イレギュラーな対応として、契約期間の途中であっても、合意による契約解除を認める決断を致しました

 

今後の動きに注目していきたい。

 

<この記事を読んでる方は下の記事も読んでます>

 

【岡村隆史】雨上がりの解散について おぎやはぎ矢作宮迫批判に言及

 

【中居正広】俳優業について本音?木村拓哉はメリー氏死去で退所?

 

【宮迫博之】Youtube『宮迫ですッ!』『裏迫ですッ!』休止

(Visited 1,413 times, 1 visits today)
タイトルとURLをコピーしました