滝川クリステル 地上波レギュラー消滅か?クラファンもうまくいかず

スポンサーリンク

こんにちはカリアゲです。

 

フリーアナウンサー滝川クリステル(43)がMCを務めるTBS系バラエティー番組「教えてもらう前と後」(月曜午後10時)が9月いっぱいで終了し、後継番組にタレント指原莉乃(28)がMCのバラエティー番組が調整されていることが分かった。

 

2013年に発した「お・も・て・な・し」という名フレーズから8年。最近は評価がガタ落ちしているのが実情だ。

 

この番組は滝クリとお笑いコンビ「博多華丸・大吉」がMCを務めるバラエティー。

滝クリにとっては地上波唯一のMCを務める番組だ。

 

お硬い話題を専門家が解説し、意外な雑学を紹介するバラエティー。2017年10月に火曜午後8時枠でスタートし、視聴率は10%を超えることもあった。 だが、内容がマンネリ化して数字はジリジリとダウン。

 

今年4月から月曜午後10時枠に移り、ゴールデン帯から〝降格〟となっていた。

先月行われたTBSの10月期番組改編説明会では、同局の安住紳一郎アナウンサーが司会を務める情報番組「THE TIME,」のほか新ドラマ、新バラエティーなどを続々と発表。

 

そうしたなか「教えてもらう前と後」の枠だけが「調整中」とされたため、「終了するのでは」とささやかれていた。

 

滝川クリステルの新婚生活イジるのダメ

 

5日発売の「週刊新潮」も、やはり9月で終了すると報じた。夫である小泉進次郎環境相(40)との結婚生活を共演者がイジるのはNGで、それも番組がシラける原因になったという。

 

複数の関係者によれば、月曜午後10時枠の10月スタートで調整されているのは、指原やお笑いコンビ「ハライチ」らが出演するバラエティー番組「愛しのアピールちゃん」だという。

 

SNSでリア充や特異なことをアピールしている人に密着する番組で、今年5月に特番で放送されたが、「特番からレギュラーに昇格するようです」(関係者)。

 

番組が終了するとレギュラーは無くなる

 

「教えてもらう前と後」の終了…それは、滝クリが地上波から消えることを意味する。

滝クリは13年、国際オリンピック委員会(IOC)総会で披露した「お・も・て・な・し」の名プレゼンで、東京五輪の招致に貢献した。この「お・も・て・な・し」は、同年の「新語・流行語大賞」の年間大賞に輝き、好感度もグンと上がったはずだった。

 

あの名プレゼンで注目され、17年に『教えてもらう前と後』もスタート。さらに進次郎氏とのおめでた婚など、公私にわたって充実していた。

 

でも結婚後は、進次郎氏とともに夫婦でその言動が物議をかもし、評価がガタ落ち。東京五輪の閉幕とともに、招致の貢献者だった滝クリが地上波から消えるのは、何の因果か…

 

最近の滝クリといえば、気温29度のなか都内の路上に高級外車を停車させ、車内に1歳長男を延べ30分間、置き去りにする〝車内放置〟を6月に報じられた。一つ間違えれば熱中症につながりかねず、SNSで炎上した。

 

頻繁に更新していたインスタグラムも、7月21日を最後に途絶えている(9日現在)。このインスタも炎上の〝火種〟となっており、3月には親子ヨガの一環で長男の両足をつかんで逆立ちさせたかのような写真を投稿し、波紋を呼んだ。

 

炎上がイヤになり、インスタをストップしたのかもしれません

 

滝クリの今後について、知人は「妻として進次郎さんを支え、母として長男の世話をしつつ、ライフワークである動物愛護に力を入れていくんじゃないでしょうか」と指摘する。

 

ただ、このままでは滝クリの存在感は薄れるばかり。

 

 

滝川クリステルクラファンするが世間では冷めた声

 

滝川クリステルの〝クラウドファンディング〟があまりにもお粗末だと、ネット上で話題になっている。

 

 

滝川は現在、フリーアナウンサーの傍ら、動物愛護生物保全活動家としても活動。自身が主催する『一般財団法人クリステル・ヴィ・アンサンブル』では、人間と動物の共存・共生を掲げ、6月1日から動物虐待防止の啓発・支援に関する新プロジェクト『Animal SOSプロジェクト~Save One’s Smile 虐待のない世界~』をスタートさせた。

 

滝川はクラウドファンディングを立ち上げ、動物虐待防止の啓発アニメと絵本を制作するための資金集めを開始しました。しかし、目標とする780万円を集めることができず、結果的にたった295万円しか集まりませんでした。

 

声高らかに理想論を述べるのは結構なのですが、自ら身を粉にして動物愛護に奔走している様子など一切見られず、ネット上では冷めた声が広がっています。

 

また、実際に支援しても、リターンが滝川の謝礼メールでは熱心なファンですら見向きもしないでしょうね。

自身がMCを務めるバラエティー番組『教えてもらう前と後』(TBS系)も9月いっぱいで打ち切りになることが分かっています。『お・も・て・な・し』という名フレーズから8年、その存在感は急速に希薄になっている。

 

昨年11月には夜の散歩中、愛犬の小水を3回も放置したまま立ち去ったとして物議を醸したこともある滝川

 

一方、夫の小泉進次郎は環境省が主導する新規プロジェクトのキックオフミーティングで、〝謎の寸劇〟を披露し、会場にいた報道関係者たちをドン引きさせている。

夫婦ともども表舞台から姿を消すのも時間の問題かもしれない…。

 

クラウドファンディングに対してのネットの声

《クラウドファンディング? この人がそれに頼る必要あるの? 金いくらでもあるじゃん》
《寄付しようと連絡したけど、内容が見えない対応だった。あらためてサイトを見たら、自らの手を汚して助けるとはほど遠く、ただの「犬とも戯れる優しい自分を見て」というお粗末なお金集めだった。寄付しなくてよかった》
《まずは自分の犬の落とし物をきちんと始末してから始めてくださいな。こんな薄っぺらな内容じゃ、誰も協力なんてしないよ》
《多分旦那さんともども野心が見え隠れしてるからこうなるんでしょうね。いずれにせよ凋落ぶりがうかがえます》
《夫婦共々落ち目ですね。結婚してからもマイペースで好き勝手やってる様に見えるよね。あまり欲をかくとろくなことが無いですよ》
レギュラー消滅に関してのネットの声
この方も「あの方」もどうも好きになれません。表に出てこなくて結構なので、あの方には今一度環境のことも国民の生活のしやすさにも配慮した政策を熟考してほしいと感じます。
ニュースジャパンで人気が頂点になった後いずれ会社社長あたりと結婚するんだろうな~ぐらいに思ってたんだけど、自己顕示欲の強い人なんでしょうかね?政治家転身して某立憲議員や某五輪担当大臣みたいにボロが出て叩かれるよりファーストレディ狙いだったのかなぁ…と、でも夫も親の七光りってだけでただのボンボンであることが大臣就任で露呈したからその道もなかなか厳しそうだ
会社社長とか芸能人とかと結婚してれば良かったのに。親の七光りだけで期待してしまっていた国民にも問題があるが、環境相やって本当に何にも学んでこなかったんだなと思いました。それならそれで勉強すればいいのに、甘やかされて育ったからそれもできない。小泉兄は芸能界でプレイボーイとして名を馳せ、お父様から政治家を弟が継いでくれて良かったと言っていたが、どっちもどっちですね。だけどいまだに次の総理大臣になってもらいたい人に小泉進次郎と出るのが恐ろしい。それだけ魅力的な政治家がいないということ。
<この記事を読んでる方は下の記事も読んでます>

 

 

松井玲奈コロナから復帰 感染して感じたこと YouTubeで

 

日ハム中田翔 元同僚との過去 後輩たちは爆発寸前だった?

 

 

(Visited 102 times, 1 visits today)
タイトルとURLをコピーしました