ジャニーズチケット高騰 違法取引活発化 通常価格から何十万?!

スポンサーリンク

こんにちはカリアゲです。

 

テレビ朝日が主催する夏の大型イベント「SUMMER STATION(サマステ)」の「ジャニーズJr.」のチケットが法外な金額で取引されている。

 

2014年に始まった同イベントは、テレ朝の番組アトラクションや音楽ライブ、ビアガーデンなどを六本木周辺で開催する「夏祭り」。

 

イベント関係者は「昨年はコロナの影響で中止されましたが、今年は規模を縮小して開催する方向です。ところが、1枚7000円のジャニーズJr.のチケットが〝異常高騰〟しているんですよ」と明かす。

 

 

今回「EX THEATER ROPPONGI」に登場するのは「美 少年」(7月18~23日)、「7MEN侍」(7月25~8月5日)、「少年忍者」(8月7日~21日)の3組。

 

すでにファンクラブ「ジャニーズジュニア情報局」での先行申し込みが行われたが、某サイトでは派手に転売されているのだ。

 

最も高いのが少年忍者の8月21日ファイナル。何と50万円の値がついているのが2枚も出品されています(9日午後5時現在)。これはさすがにやりすぎでしょう

 

 

言うまでもなく、2019年6月に「チケット不正転売禁止法」が施行されており、チケットの不正転売は違法だ。ジャニーズ事務所もファンに注意喚起しているが、のれんに腕押しだ。

 

 

出品数が多すぎて、いちいち摘発されないとファンはタカをくくっているのです。今回は主催がジャニーズではなく、テレ朝なので監視が甘くなると踏んでいるのかも」(芸能関係者)

 

 

テレ朝広報部は「サマステ自体まだ正式に開催を公表していませんが…高額取引は初めて聞く話。把握していない」とコメント。だが、違反者には1年以下の懲役、100万円以下の罰金またはその両方が科せられる。ファンにはルールにのっとった節度ある行動が求められる。

 

チケット不正転売禁止法とは?

 

特定興行入場券の不正転売の禁止等による興行入場券の適正な流通の確保に関する法律とは、いわゆるチケット転売を禁止し、その防止等に関する措置等を定める日本の法律である。

 

入場券不正転売禁止法、入場券転売禁止法、チケット不正転売禁止法、チケット転売禁止法ともいう。

 

V6のチケットが55万!

 

今年11月に解散を発表している「V6」のチケットが法外な価格で転売されている。

9月から11月にかけて行われる同グループ最後の全国ツアー「LIVE TOUR V6 groove」のチケットの抽選結果が12日発表された。多くのファンが涙を飲み、ツイッターでは「V6全滅」(全部外れ)がトレンド入りするほど。

 

その一方、暗躍したのが転売ヤーだ。この日午後10時時点でチケット流通サイトに多くのプラチナチケットが出品された。正規なら9000円で買えるものが、転売サイトでは10~30万円の値段がつけられ、最高額は55万円…

チケットの転売は当然違法。ジャニーズ事務所はチケットの本人確認をホームページでも明記しているが、転売ヤーたちは後を絶たない。

 

ツイッターでは「許せない」「さすがにないわ」「よくある話だけど今回はちょっと許せない」と、ファンからの怒りの声が多く上がっている。

 

<この記事を読んでる方は下の記事も読んでます>

 

滝川クリステル 地上波レギュラー消滅か?クラファンもうまくいかず

 

2714年からタイムトラベラー?ペルセウス流星群の中にUFO?

 

松井玲奈コロナから復帰 感染して感じたこと YouTubeで

 

(Visited 404 times, 1 visits today)
タイトルとURLをコピーしました