【雨上がり決死隊】やはり圧力があった大崎会長の発言と加藤浩次

スポンサーリンク

こんにちはカリアゲです。

 

 

 

お笑いコンビ「雨上がり決死隊」の宮迫博之(51)、蛍原徹(53)が解散することがわかった。17日に正式発表となる。ともにコンビ継続に意欲的だったが、急転直下の展開。一体何があったのか。

 

 

コンビに大きな変化をもたらしたのは、2019年6月に発覚した〝闇営業問題〟だ。宮迫は14年12月に反社会的な投資詐欺グループの忘年会に、所属の吉本興業を通さない〝直営業〟で出席していたことが判明。

 

当初は「ノーギャラ」と主張していたが、のちに100万円のギャラを受け取っていたことがわかり、同年7月19日付で吉本興行から契約を解除された。

 

 

納得いかない宮迫は翌20日に同じく闇営業に参加した「ロンドンブーツ1号2号」田村亮と記者会見を開催。

 

吉本のパワハラ体質、岡本昭彦社長から「テープ回してないやろな」と〝恫喝〟されたことを暴露した。

あの会見がまずかった。吉本上層部の逆鱗に触れた」とはお笑い関係者。

吉本を離れた宮迫だが、当初は吉本復帰を画策していた。後ろ盾として頼ったのは、同社の大物芸人・明石家さんまで、19年11月には都内ホテルでさんま主催の激励会「みんなで一緒にオフホワイトからブラックに、そして白紙に戻った男を囲む会」も開かれた。

 

大崎会長はもう宮迫はもどらんでええ

 

ところが、吉本の反発は想像以上だった。今年2月には吉本の大崎洋会長が週刊誌の直撃取材に答え、ユーチューブで「吉本に戻りたい人」と紹介した宮迫に対し「いや、もう戻らんでええと思うで。いちいちユーチューブでネタにすんなって話や。辞めてまで吉本のことネタにすんなよって」と突き放した。

 

 

今春には吉本が所属芸人に対し、宮迫との事実上の〝コラボ禁止〟を通達。ユーチューブでコラボする場合は芸人同士ではなく、きちんと吉本の窓口を通すよう厳命した。

 

〝大崎発言〟が大きかった。あれで宮迫も吉本復帰を断念。コラボ禁止もビジネス上のやりとりとしては当たり前の話なんですが、それまで黙認されていただけに、宮迫さんからすれば〝圧力〟に感じたはずだ」(テレビ関係者)

 

 

吉本復帰の道が断たれたのであれば、「雨上がり」としての活動も難しい。昨年、コンビで全国ツアーの話も浮上したが、それも立ち消えになった。

 

宮迫さんのプライドの問題もある。コンビとして活動するには、吉本の許可が必要でその際は頭を下げなければならない。宮迫さん自体は自分を育ててくれた吉本に恩義は感じているが、会社同士の話になると、ピリつく部分がある」とは前出お笑い関係者。

 

 

コンビを解散せずとも「雨上がり」の屋号を残すことは可能だが、宮迫と蛍原は別々の道を進むことを決めた。関係者によれば「突発的なことではなく、協議を重ねた末の決断」。前向きな解散であればいいが…。

 

 

加藤浩次も大崎会長と会談 ベテラン芸人、加藤を辞めさせることに賛成

 

吉本興業とのエージェント契約を3月31日付で終了することについて、吉本側からの申し出だった。

 

事実上の〝クビ〟と言っても過言ではないが、これには加藤の行動に対するベテラン芸人からの反発があったという。また「8対2」という、加藤のギャラの取り分が命取りになったとの見方も浮上している。

加藤は、2019年に勃発した闇営業騒動を巡って、吉本興業の経営陣を糾弾。同年10月1日には、専属マネジメント契約からエージェント契約に締結し直して活動していたが、それから1年半後に吉本との契約が終了となることが決まった。

 

加藤は自身がMCを務める「スッキリ」(日テレ系)で、「吉本興業さんの方から『契約を延長しない』というふうに言われて…」と、吉本からの申し出だったことを告白。さらに「僕は続けたかった部分もあったんですけど…」と、吉本残留への未練をにじませた。

吉本サイドから契約解除を申し出たことについて、テレビ局関係者はこう明かす。

一昨年の闇営業騒動の際、加藤は『スッキリ』で上層部を糾弾したうえ、大﨑洋会長と1対1の会談を要求し、実現させた。こうした〝スタンドプレー〟とも取れる行動に対して吉本の社員だけでなく、ベテラン芸人などから『あんな行動を許していいのか?』と疑問の声が上がった

 

加藤は19年7月22日に放送された「スッキリ」で「今の社長、会長の体制が続くのだったら、僕は吉本興業を辞める!」と発言。加藤は大﨑会長と会談の場を持った。

 

誰にも分からない形で会談を申し入れたのならともかく、当日朝の『スッキリ』で『今日の夕方に会談する』と公言したからマスコミも集まった。所属タレントが吉本のトップと1対1の会談なんて、普通ならありえないこと

その後、加藤は2年近くも吉本に所属。若手の中には加藤の行動に理解を示す芸人もいたが、ベテラン芸人は不満を募らせ「あれを許していたら示しがつかない」「加藤に処分を下すべき」との声まであったという。

 

 

やっぱり金だ

 

またギャラについて、加藤と吉本の取り分の割合が「8対2」であることも発覚したが、これについても「契約解除にする一因」との見方が浮上している。

 

吉本で8対2なんて、よっぽどの大物じゃない限りありえない。以前からギャラアップを要求していた加藤に上層部もあきれて、『だったら好きにしたら』とこういう割合になったと思う

ただ、この割合が今回の契約継続にはマイナスに働いたようだ。

 

帯番組の『スッキリ』のギャラは非常に高い。せめて5対5だったら吉本にもかなり大きな金額が入るが、8対2なら実入りは少ない。正直言っていつ打ち切りになるか分からない番組だし、それだったら吉本から離れても構わないと考えたのだろう」とお笑い関係者は指摘する。

 

宮迫の場合はお金ではないが、吉本側と意見が合わないことだったと思う。多分紳助さんもさんまさんも絡んでいるでしょうしそれでも吉本は大崎会長がトップですからね。

 

それに宮迫は吉本に戻らなくてもYoutubeで大成功してますし今更テレビに戻る理由はないと思います。もちろん相方や周りの方が待ってるしまたテレビで活躍したいという気持ちはあったのでしょう。

 

まあファンからしたらまた2人で出てる所は見たかったですね…

 

<この記事を読んでる方は下の記事も読んでます>

 

「雨上がり決死隊」が解散 コンビを続けるのは難しい状況

 

【木村拓哉】インスタの投稿の自撮りであざとい?賛否の声が多数

 

【柴咲コウ】猛暑に対しての投稿にちょっと何言ってるかわからない 

 

(Visited 345 times, 1 visits today)
タイトルとURLをコピーしました