【プーチン】が暗殺されたら核が発射される?【核報復システム】

スポンサーリンク

こんにちはカリアゲです。

 

 

世界中の誰もが現実に目を向けなければならない。ウクライナ侵攻によって、「核戦争」の勃発は着実に近づいている。一度始まってしまえば日本人も逃れることはできない。そのとき、何が起きるのか。

 

 

全面核戦争の可能性

これほど立て続けに世界各国の予想を裏切る男がいただろうか。ロシアのプーチン大統領だ。

 

まさかクリミアを併合するはずがない、まさかウクライナに全面侵攻をするはずがない、まさか市街地に爆弾を落とすはずがない。

ウクライナの戦況を見れば誰もがわかるように、甘い期待はすべて覆された。

今のプーチン大統領に「まさか」は通用しない。

私たちが想像しうる中で、もっとも最悪の事態を彼なら起こすかもしれない。つまり、核兵器を使った「全面核戦争」だ。

 

そして、それは十分にありえる。なぜならプーチン大統領は、己を見失いかねないほど追い詰められているからだ。ウクライナ戦争がどうなろうが、プーチン大統領の命運は尽きたと言える。

 

このまま欧米諸国からの経済制裁が続けば通貨ルーブルは急落し、ロシア経済は確実に破綻する。国内での立場が危うくなれば、後がなくなったプーチン大統領が核使用という常軌を逸した判断を下す恐れが出てきた。

 

良心や常識が欠如した独裁者は、自分が失脚するくらいなら全世界を巻き込んで道連れにしようと考えます。プーチン大統領なら、そんな非合理的な決断をしても不思議ではありません」(ジャーナリストの常岡浩介氏)

 

仮にプーチン大統領がそこで何とか自制したとしても、「核」の危機は去らない。

 

今回の大失態により、ロシア国内ではプーチン大統領に対する不満が急速に高まっている。起こりうるのは『暗殺』です。 米国の情報機関はロシア政府内に異変が起きつつある兆候を察知している。プーチン大統領が『除去』される可能性もあるのです。しかし、これが核の封印が解かれるきっかけになりうる」(防衛省関係者)

 

なぜならロシアでは「死の手」と呼ばれる核報復システムが稼働しているからだ。 

 

『死の手』は、人為的な操作をせずとも自動的に核を敵に浴びせられる自動制御システムです。冷戦中の’85年、敵国からの核攻撃を想定した旧ソ連軍が、確実に報復攻撃を行えるようにするために運用が始まりました」(軍事評論家の菊池雅之氏)

 

 

今なおロシアを守り続ける「死の手」は、何度も改良を経ている。運用開始当初は人間が発射ボタンを押す必要があったが、現在は司令部の非常事態を認識したAIが核使用の判断を下す。

 

その判断材料の中には、最高意思決定者の不在、すなわちプーチン大統領の死も含まれている可能性が高い。  彼の死を国家の存続危機だと判断した「死の手」が、ロシア各地に配備されている約1600もの核ミサイルを一斉に発射するのだ。

 

 

最悪のシナリオ

アメリカと安全保障体制を築く日本は「敵国」として標的に組み込まれている。これは、すでにロシアが日本に対して不穏な動きを見せていることからも明らかだ。

 

3月2日には北海道・根室半島沖でロシア機と見られるヘリコプターが日本の領空を侵犯した。

 

ここ最近、トヨタの関連会社など日本にある多くの企業がサイバー攻撃を受けたと発表しています。経済制裁に参加を表明した日本に『牽制』をかけるため、ロシア政府が裏で動いている可能性は高いのではないか」(経済評論家の加谷珪一氏)

 

18年にプーチン大統領は、年次教書演説でロシアが保有する数々の兵器について紹介している。中でも、最新型の超巨大ICBM(大陸間弾道ミサイル)の比類なき性能は、各国に衝撃を与えた。

 

射程は1万1000km以上、最大16個の核弾頭が搭載可能で最大速度はマッハ20という極超音速のため、アメリカや日本のミサイル防衛網は無力化される。

 

10発でアメリカの全国民を殺害する威力がある」という試算結果もあり、まさに最終兵器というにふさわしい。このICBMの名は「サルマト」といい、ロシアは2021年ごろから配備を開始していると見られている。

 

それだけではない。さらに恐ろしいのは、サルマトに搭載されマッハ20で飛行し、高度100kmほどの高度を、探知しにくい軌道で飛んでくる極超音速滑空兵器(HGV)「アヴァンガルド」だ。

 

日本に向け発射されるミサイルの中に、「サルマト」や「アヴァンガルド」のような極超音速で飛ぶ核兵器が搭載されている可能性は高いと専門家は言う。そんな最悪なシナリオが現実になったら、影響範囲はどのくらいにまで及ぶのだろうか…?

 

 

コメント

 

どうもこの手の記事を見るとロシアの全てのミサイルが着弾することを想定しているように見える。迎撃されるものもあるだろうし、発射前に破壊される物もあるだろう。それらで何処まで救える可能性があるかってのも検討すべきだと思う。

何れにしてもロシアは核兵器を恫喝に用いた。これをやった以上はMAD(Mutual Assured Destruction)も機能しないってことだ。先制攻撃で何処まで相手を破壊できて、我々の生存率はどの程度なのかを真剣に考えるべきだと思う。

核戦争なんて避けたいけど、避けたいから考えないってのは無責任だ。相手が使うと恫喝してきている以上、それを想定した対応策を十分検討すべきだと思う。

結局核を持っている国が有利だって言うことを証明しているようなもの
以前イラクがクウェートに侵攻した際には米国が介入したのはイラクが核を持っていなかったから、同じような構図が今回展開されているが米国が介入しないのはロシアが核を持っているから
認めたくないが北朝鮮が核を持つ理由がわかる。
チャイナ、北朝鮮から見た場合日本も核を持っているのと同等の抑止力は必要となるのは論理的に正しいのいではと思う、現状ウクライナの状況をみればわかる通り米国は介入はしない
米国に核の傘の発動をさせる確約をするか、核の共有、原潜の共有などの核の脅威による抑止力が分かる形にしなければならないと思う
今やプーチンはウクライナの併合なき休戦は考えていないのは明らかである。
一部には頭が可笑しくなったのではないかと言う話もあるようだが、至ってクールだ。
プーチンは国内的にも追い込まれてきている。侵攻以前から反プーチンの動きは各地で出てきており、今回の行動も自己保全の一環だとみられる。
従って、自分の命を懸けたバクチ的要素が強いわけだから、失敗した時の自分の身の処理の仕方については最も注意を要する。ヒットラーでも、もしも核を持っていたらピストル自殺ではなく敵を巻き込んだ核使用を選んだであろう。
米英も最新の注意を払っているが、それが双方の確認相違による偶発的核戦争に陥る可能性を高めるのである。
日本にも当然飛んでくるであろうが、それが同盟の宿命であり其れから逃れる術はない。
それを防ぐために米国は穏便に行動している。
プーチンは自身が死ぬときは世界などどうでもいいという考え。それにはロシア国民も含まれる。だからプーチンは敵対国という言葉を幾度となく使っている。
これがあるから核の無力化がなされない限り軍事行動はできない。
恐らくこのシステムの中枢は信者によって構成されており、ロシア国内の欧米の諜報員などでも入り込む隙は無いのだと思う。
だから長い時間をかけて弱体化させる情報と経済排除という毒を盛った。
この毒は全ての国がそれなりにダメージを負うので簡単には使えない。
今回はロシア相手だから使えたが、中国相手だったら使えなかっただろう。

ロシア国民こそプーチンは最も恐れている。
ペンは剣より強しというのはまさにこのこと。
アノニマスの行動も今必要な事、ロシアの洗脳を解くことが、兵士一人一人が戦闘を放棄させることが重要。独裁者の駒になるなと訴えるしかない。

プーチンの死が何か心拍数などで管理されているとすれば自然死についても世界はプーチンと心中することになる恐れと、そして何よりこのシステムは国内のクーデターを防ぐ効果があるのだろう。最大の敗戦国であるドイツでさえ核配備しているのに日本は非核三原則により配備もできていない。核の傘といってもせいぜい日本が焦土となった後にアメリカの空母なり原潜が何の得にもならないのに反撃してくれるかどうかだ。つまり日本はアメリカの同盟国としてアメリカに核を落とすことと同程度の衝撃を国際社会に与えることができるが、ロシアにとっては即座の核反撃のないまるで犬のような存在でしかない。これに納得が行く行かない、今になって核を持つべきだった日本の保守としてアメリカに媚びるだけではダメだったと気づいても遅く、これが日本の保守が作った防衛力であり国是を守り続けた国の姿であることを受け入れるしかない。
<この記事を読んでる方は下の記事も読んでます>
(Visited 123 times, 1 visits today)
タイトルとURLをコピーしました