【ウクライナ大統領】内部に内通者がいる?3回も暗殺未遂

スポンサーリンク

こんにちはカリアゲです。

 

【ロンドン時事】4日付の英紙タイムズは、ロシア軍の侵攻下にあるウクライナのゼレンスキー大統領に対し、過去1週間に少なくとも3回、暗殺が試みられたと報じた。計画はいずれも阻止された。

ウクライナ当局者や関係筋の話として伝えた。暗殺を仕掛けたのは、ロシアの民間軍事会社「ワグネル」の傭兵(ようへい)チームのほか、ロシア南部チェチェン共和国の独裁者カディロフ首長配下の「特殊部隊」。

暗殺阻止に際し、両グループに死者が出た。

 

ウクライナ国家安全保障・国防会議のダニロフ書記が同国のテレビに語ったところでは、ロシアの情報機関、連邦保安局(FSB)内にウクライナ侵攻に不満を抱く関係者が存在。チェチェン系グループによる暗殺作戦に関する情報はこの関係者からウクライナ側にもたらされたという。

 

<この記事を読んでる方は下の記事も読んでます>

 

【城田優】危機か?CM動画続々非公開 ガーシーchの影響か?

【大原櫻子】ガーシーチャンネルの暴露の件完全否定 刑事告訴も検討

【田中聖容疑者】芸能界薬物は名古屋で常識?警察がマークする街

 

 

 

(Visited 77 times, 1 visits today)
タイトルとURLをコピーしました