林真須美の現在 死刑執行で時間がない。弁護士に涙で訴え

スポンサーリンク

こんにちはカリアゲです。

 

和歌山市で1998年に起きたカレー毒物混入事件で、殺人罪などで死刑判決が確定した林真須美死刑囚(60)が5月、無罪を求めて2度目の再審請求を和歌山地裁に申し立てた。

 

和歌山毒物カレー事件

 

和歌山毒物カレー事件とは、1998年7月25日夕方に和歌山県和歌山市園部で発生した毒物混入・無差別大量殺傷事件である。地区で行われた夏祭りにおいて提供されたカレーライスに毒物が混入され、カレーを食べた67人が急性ヒ素中毒になり、うち4人が死亡した。和歌山カレー事件とも呼ばれる。

 

時間がない」と涙ながらに弁護士に訴えたという。25日で事件から23年。今も動機は明らかになっていない。

 

毎日毎日、死刑になるんじゃないかとおびえ、生きていくのが限界です

昨年9月、大阪拘置所の面会室。生田暉雄(てるお)弁護士(79)は、アクリル板越しに林死刑囚と向き合っていた。涙を流して訴える林死刑囚は頭のほとんどが白髪で、事件当時の写真より頰はほっそりしている。

 

生田さんが「やりましょう」と答えると、「ありがとう、助かった」と肩をふるわせたという。

再審弁護人としての弁護をお願いします

 

生田さんの元に初めて手紙が届いたのは、2016年秋ごろ。その頃多数の案件を抱えており、「すぐにはできない」と手紙で返した。

一日も早く再審無罪を勝ち取りたい」「再審中でも(死刑)執行があり、日々恐怖です

 

その後も月に一回程度手紙が届き、生田さんも林死刑囚の求めに応じて拘置所に本を差し入れるなど、やり取りが続いた。仕事が落ち着いた昨秋に初めて拘置所を訪れ、再審を引き受けた後も面会を重ねてきた。

 

 

申し立ての準備のため拘置所から送ってもらった裁判資料にはどれも付箋(ふせん)が貼られ、林死刑囚が独房で熱心に読み込んでいた様子がうかがえた。

 

 

5月に申し立てをする前は、面会の度、「早く申立書を出してくれ」と涙声で懇願された。「オリンピックが中止になれば、話題をそらすために死刑が執行されるかも知れない」と焦りを見せていたという。

 

 

<この記事を読んでる人は下の記事も読んでます>

 

 

YouTuberカルマ記者会見エイベックスで芸能界参戦 動画あり

 

小山田圭吾まだあった。胸糞前科 重病患者に対するインタビュー

 

【東京五輪】内村航平が鉄棒で落下!3大会連続金メダルの夢破れる

 

 

(Visited 2,367 times, 1 visits today)
タイトルとURLをコピーしました