華原朋美 結婚 お相手は所属事務所代表 17日に婚姻届 

スポンサーリンク

こんにちはカリアゲです。

 

歌手の華原朋美(46)が結婚することが15日、分かった。相手は、現在華原のマネジメントを手がける事務所の代表で、専属マネジャーも務める大野友洋氏。本人の誕生日にあたる17日にも婚姻届を提出する。

 

2019年8月、外資系企業勤務の一般男性との間に男児をもうけているが、これが初婚となる。

 

この日、都内でバースデークルージングを行い、参加したファンにも幸せいっぱいの様子で結婚を報告した。

 

クルージングに参加したファンは、スポニチ本紙の取材に「“近々皆さんを驚かせる発表をする。爆弾を落とす”と、ひときわ声を弾ませて話していました。“結婚”という言葉は使いませんでしたが、満ち足りた顔が印象的でした」と語った。報告の後、安室奈美恵さんの「CAN YOU CELEBRATE?」を歌い上げたという。

イベントに並行し、所属事務所は報道各社に17日、オンライン会見を行うと案内を送付。内容は明かさず「華原本人より当日お伝えいたします」とした。ここで結婚の詳細を語るとみられる。

 

華原は昨年8月、前所属事務所に自ら契約解除を申し入れフリーに。今年に入って現在の事務所に所属した。

 

関係者によると、大野氏は3月ごろから専属マネジャーも務めることになり、その頃には華原の自宅で過ごすなど、親密な関係になっていたという。

 

公私ともにパートナーだった音楽プロデューサー小室哲哉(62)との破局を経て一時は引退状態になり、休業中も睡眠薬など薬物への依存や救急搬送されるなど、ジェットコースターのようなお騒がせ人生。

 

新しい伴侶との家庭がついに安住の地となるか。

 

華原 朋美(かはら・ともみ)1974年(昭49)8月17日生まれ、千葉県出身の46歳。アイドルとしての活動を経て、小室哲哉に見いだされ、95年9月「keep yourself alive」で歌手デビュー。

その後「I BELIEVE」や「I’m proud」などミリオンヒットを連発し「朋ちゃん」の愛称で国民的人気を博した。精神の不調を来し、07年から11年にかけ休業状態になるが12年に復帰した。

 

 

<この記事を読んでる方は下の記事も読んでます>

 

 

黒木瞳のテレビ出演で感動はしたが一部で批判が…黒い過去が再び

 

【注意喚起】SNSでがん細胞が治療できるデマが流れる。

 

松本人志、張本勲氏の女性蔑視発言の謝罪に疑問視 これだと…

 

 

(Visited 547 times, 1 visits today)
タイトルとURLをコピーしました