【ハマス襲撃】裸で連れ去られたドイツ人女性のその後……

スポンサーリンク

 

パレスチナ自治区ガザを実効支配するイスラム武装組織ハマスがイスラエルに奇襲を仕掛けてから1週間が経とうとしている。

国連は、日本時間10月12日深夜にイスラエル軍から“ガザ地区北部の全住民が24時間以内に南部に避難すべきだ”とする通告を受けたことを発表しており、イスラエルが報復のための地上攻撃の準備を進めているとみられる。

10月13日時点で、双方の死者は2800人を超えたと報道されている。

 

 

 

 

 

この記事に対してのコメント

あり得ない方向に脚などが折られていたし、すでに絶命状態だと。 本当にむごい。まだ存命であるほうが信じがたい。 ハマスが民家に侵入したとき、果敢に追い払おうとした犬を容赦なく銃殺した。人が亡くなるのも怒りと痛ましさで悲しいが、関係ない生き物までもが人間の巻き添え犠牲になるのが本当に許せない。
生きているなら、あんなに膝がねじ曲がっているのに全く腫れていないのは、医学的にはおかしい。可哀想ですが死後にへし折られたと考えるべき 「まだ生存」の方がいろいろ交渉に有利だからでしょうね。
日本の報道は、もっと大きく報道すべきだろう。 どこのチャンネルも、短いニュースで終わる。 以前からイスラエルとパレスチナの人権に対する配慮は、双方に問題があったものの、 今回の件は民間人をターゲットにしたテロそのもの。 特に、岸田さんが生温い事を発言しているのは、非常にショックであった。 日本人がこんな同じ状況になった時、世界の世論に次第になるにも関わらず、なんたる不手際。 日本の政治家、地に堕ちたね…
合わせて読みたい
(Visited 3,392 times, 1 visits today)
タイトルとURLをコピーしました