安室奈美恵さん紺綬褒章受章 名前が出てファンは感激

スポンサーリンク

こんにちはカリスマです。

 

久々に公の場にその名前が上がり、ファンにも喜びが広がっているようだ。7月9日付の官報に、2018年9月に引退した安室奈美恵さん(43)の情報が掲載されていたというのだ。

『紺綬褒章』の受章者が載っていて、そのなかに安室さんの名前があったんです。『紺綬褒章』は公益のために私財を寄付した個人や団体に授与されるもので、毎月1回発令されています。

 

紺綬褒章(こんじゅほうしょう)とは

公益ノ為私財ヲ寄附シ功績顕著ナル者」に授与される。

1918年(大正7年)に創設された(大正7年勅令第349号)

1919年(大正8年)9月7日、恩賜財団済生会に5万円平成27年現在の価値で1億5千万円相当)を寄付した功により賜与された小野光景が受章第1号である

 

 

紺綬褒章は他の褒章のように受章機会が春秋のみに限られず、事由の発生に合わせて毎月末にまとめられ閣議で決定され発令される

 

同一人物が複数回受章することも可能であり、叙勲・褒章などの受章回数でギネス記録に認定された古賀常次郎は紺綬褒章を60回以上(金色飾版12個)受章している。なお、章の裏面は他の褒章と異なり、「賜」の字や受章者の氏名は刻まれない。

 

 

1980年(昭和55年)の授与基準では、国や地方公共団体、公益団体などへの500万円以上の寄付をした個人、1000万円以上の寄付をした団体が主な対象となる(受けた団体から所管官庁宛てに上申―「この方は褒章を受けるに相応しい事を私共にして下さったので授与して頂きたい」という申し出―がされる

 

 

ただし、返礼品の類を受け取った場合は対象とならない。寄付額が1500万円以上など多額に上る場合には、併せて賞杯(桐紋付きの木盃)が授与される

 

なお、1947年(昭和22年)から1964年(昭和39年)は10万円、1964年(昭和39年)から1980年(昭和55年)は100万円が授与の基準であった。寄付額の改定に際しては、数年間は中間の額を設定するなど、移行暫定期間が設けられることもある

 

ウィキペディアから参照

 

 

今年2月の官報には元SMAPの中居正広(48)、香取慎吾(44)、歌手の浜崎あゆみ(42)、3月の官報には『X JAPAN』のYOSHIKI(55)などが同じ紺綬褒章を受章したことが載るなど、芸能人の受章者は少なくない。その中でも今回の安室さんの受章には、ファンも喜んだことだろう。

 

 

上にも書いてありますが、褒章の制度を定めた『褒章条例』によると、500万円以上の寄付が条件であり、彼らは少なくともそれ以上の寄付をしていたことになる。

 

 

ただ、今回、安室さんには『紺綬褒章』とあわせて『賞杯』が授与されます。それが授与されるということは、安室さんが1500万円以上の寄付をしたということ。彼女は昔から慈善活動には熱心でした。

 

 

素晴らしい慈善活動

 

安室さんはこれまで、寄付やボランティアなどの慈善活動を続けていたことで知られる。2005年にはスマトラ沖地震津波で被災した子供たちのために、日本ユニセフ協会に1000万円を寄付。2011年の東日本大震災では5000万を日本赤十字社に寄付して称賛を浴びた。

 

芸能界を引退した後も、寄付活動は続けてきました。2018年9月には地元・沖縄の子どもの貧困問題解消のために設立された『沖縄子ども未来基金』に200万円を寄付。募金活動のために作られたカードの売上約100万円とコラボ切手の売上約200万円も寄付したうえ、経費も全額負担しました

 

 

官報には寄付先や寄付額までは載っていないため、今回、安室さんがどこにどんな寄付をしたのかは不明だ。

 

 

<この記事を読んでる人は下の記事も読んでます>

 

西村大臣発言問題 山尾志桜里氏暴露とその周りの官僚 

 

Netflixのバイオハザード見ました?時系列と主人公

 

特大ブーメランRADWIMPSのボーカル・野田洋次郎 泥酔宴会

 

 

(Visited 102 times, 2 visits today)
タイトルとURLをコピーしました