UFOレポートついにアメリカで公開決定!6月25日に詳細か?

スポンサーリンク

こんにちはkarisumaです。

 

昨年末、トランプ前大統領が追加の新型コロナウイルス経済対策法に署名したが、この中には「アメリカの情報機関がUFOに関し、知る情報の報告書を議会に提出する」という条項が含まれていた。

 

期限は180日、様々なUFO関連の報告書が世に出ることになるため、多くの人々が注目している。

気になる報告書が公開されるのは今月末の予定とのことだが、報告書の内容の説明を受けた関係者から様々な情報が出てきている。

それによると、過去10年間に起きたUAP(未確認空中現象)に関する120件の事件を分析した結果、これらは米軍または他の機関の秘密技術がUFOと間違えられたケースではないことが明らかになったという。

未確認飛行物体

未確認飛行物体とは、その名の通り、何であるか確認されていない飛行する物体のこと。 その正体は航空機など既知の人工物体、遠方のサーチライトや自然物の誤認も含まれうるが、略称のUFOは「エイリアンクラフト」という意味で使われることが多い。

 

 

また、これらの物体が地球外のものであるという証拠はないとしながらも、現状ではまったく説明がつかないと結論づけており、矛盾した内容になっているそうだ。

 

少なくとも我々の考えが及ばない未確認飛行物体が実在することは否定できず、政府関係者でさえもその正体については現状、ほとんど分かっていないことが伝聞からうかがえるという。

 

新しく任命されたNASA長官ビルネルソン氏

AFPから画像引用

このUFO情報に関する報告書提出を受けてか、現在NASAも未確認空中現象について調査しているようで、新しく任命されたNASA長官のビル・ネルソン氏がNASA所属の研究者に米海軍パイロットが目撃したUFOの調査を依頼したという報告が上がっている。

 

日本の国会でも話題になりました。

 

平成30年の2月に立憲民主党の逢坂 誠二氏が国会でUFOについて質問しました。

 

政府は、地球外から飛来してきたと思われる未確認飛行物体の存在を確認したことはあるか?

 

同盟国であるアメリカの国防総省の行った未確認飛行物体と地球外生命を調査するプログラムである「先端航空宇宙脅威特定計画」について、政府は把握しているのか?

 

ニューズウィーク誌の報じるところによれば、未確認飛行物体に関して、米軍兵士の目撃情報もあり、当該事案の画像も掲載されている。

当該事案は、我が国の安全保障上の観点、さらには国民的な不安と関心からもこれに対する情報収集と確認作業は喫緊の課題であると考えられるが、日米の政府間で情報共有は行われているのか?

 

地球外から飛来してきたと思われる飛行物体が我が国の領空に侵入した場合、これに対処する政府の機関はどこか。またどのような法令に基づいて、これを排除することになるのか?

 

「未確認飛行物体に関する質問主意書」に対する答弁書(内閣参質一六八第八四号)では、「政府としてUFOについてどのような認識を持っているのか明らかにされたい」との問いに対して、「政府としては、御指摘の「地球外から飛来してきたと思われる未確認飛行物体」の存在を確認していない」との答弁を行っている。

 

まだありますが、こうのような質問をしている。

 

未確認飛行物体にかかわる政府の認識に関する質問主意書

 

質問掲載はここに載ってます。

 

↑の質問で気になる文が

 

先端航空宇宙脅威特定計画

 

え?なんの計画?

 

なんと国防総省のプロジェクトらしいです。

先端航空宇宙脅威特定計画

英文 Advanced Aviation Threat Identification Program

 

2007年、未知の推進、静止、その他の高度な技術を用いていると考えられる、説明のつかない飛行物体を調査する目的で立ち上げられた。計画の知見を詳しく記した490ページの報告書はまだ公開されていないが、おそらく存在するらしい。

 

このプロジェクトの存在自体が、宇宙人が地球にやって来ているという主張の裏付けだと考える人もいるかもしれないが、それは論理的な結論ではない。

否定できない事実は、不可解な自然現象の観察は、間違いなく調査に値するということだ。

そしてこの計画は、米国政府が出資した初の高度な知的生命体の証拠探しにも程遠く、今のところ成果は見いだせないらしいです。

 

日本政府の返答

 

政府としては、御指摘の「地球外から飛来してきたと思われる未確認飛行物体」の存在を確認したことはない。

 

政府としては、個々の報道について答弁することは差し控えたい。

 

政府としては、御指摘の「地球外から飛来してきたと思われる飛行物体」が我が国に飛来した場合の対応について特段の検討を行っていない。

 

うーんぶっちゃけ言うと政府の人も多分よくわかってないと思いますw

 

あ、めんどくせって思ったのでしょうかね?w

 

まあというわけで6月25日どんなレポートか楽しみですねw

 

<この記事を読んでる人は下の記事も読んでます>

 

橋本環奈、1分間高速ティッシュ抜きギネス世界記録保持者になった

 

ロンブー田村敦あのとき、どうかしてた彼女を段ボールに入れて運んだ

 

板野友美、マタニティーショット連発?自分に酔いすぎ批判集中

 

 

 

 

 

(Visited 257 times, 1 visits today)
タイトルとURLをコピーしました