【保険金養子事件】豪華な暮らしとインスタグラマーの闇 そして逮捕

スポンサーリンク

こんにちはカリアゲです。

 

 

20代ながら東京・赤坂の高級タワマンに住み、黒のランボルギーニを乗り回す。そんな“怪しき男”がついに逮捕された、大阪で起きた「高槻保険金怪死事件」。どうやって彼は被害女性に1億5千万円もの生命保険をかけたのか。豪奢な暮らしの原資は? 見えてきたのは男の意外な半生だ。

 

 

事件の詳細

 

およそ1年前の7月26日、大阪府高槻市にある一軒家の浴槽で、高井直子さん(54)=死亡当時=の遺体が発見された。当初、大阪府警は死因不詳としていたが、今年2月にようやく「他殺による溺死の可能性あり」と公表。殺人容疑での捜査を始めていた。

 

それから約5カ月が過ぎた7月20日、事態は動いた。有印私文書偽造・同行使の疑いで、高井凛(28)=旧姓・松田=が逮捕されたのだ。

 

高井は昨年2月、本来なら必要とされる親族

彼の場合は当時の妻や実父の同意を得ないまま、直子さんと養子縁組を結ぶ書類を偽造、高槻市役所に提出した疑いが持たれている。

 

社会部記者の解説。

 

府警は今年2月の時点で、他殺の可能性だけでなく、直子さんに総額約1億5千万円の生命保険がかけられ、養子の20代男性が受取人になっていたことも発表しています。立件前にこのような内容が公表されるのは異例のこと。当初から今まで、高井容疑者をホンボシとにらんでいる何よりの証左です

 

しかし、逮捕容疑は殺人ではない。今後、捜査はどうなるのか。

直子さんは、同居していた母親が認知症で施設に入ってからずっと、事件現場となった一軒家にひとりで暮らしていました。事件は“密室”で起きたため、直接的な証拠が乏しいのでしょう。この先、高井は有印私文書偽造・同行使での起訴後も勾留され続け、取り調べが長引く可能性も十分考えられます。府警がどのタイミングで証拠をそろえて殺人での再逮捕に踏み切るかが注目です」(前出記者)

 

高井は養母となった直子さんの死後、保険金を受け取ることはできなかったようだが、数千万円の預貯金はまんまと相続。これを我がものとして使ったと見られている。

 

 

 

 

豪華な暮らしと疑惑の男”高井とは一体、何者なのか。

 

1993年生まれの高井は、兵庫県の有名私立校、関西学院に中学から入学。エスカレーター式に関西学院大へと進んで卒業するまでの計10年間、強豪で鳴らすアメフト部に所属した。

 

卒業後は大手コンサルティング会社、外資系保険会社などを渡り歩いている。

エリート街道を邁進してきたやに映るが、近ごろは生活が「異様なくらい」華美になっていたという。

 

 

高井の知人によれば、 「少し前まで家賃30万円は下らない赤坂の高級タワマンに住み、真っ黒のイタリア製高級車ランボルギーニを乗り回し、麻布十番のガールズバーで口説いた彼女と美食三昧の日々を送っていたようです。お気に入りのブランドはバレンシアガで、腕にはクロムハーツのブレスレットとチョイ悪系。肩、胸、脚などにタトゥーを入れていますね。転職を繰り返した後、フリーの身でFX投資をやって稼いでいると言っていた。時間に余裕があってアメフトサークルの活動に力を注いでいるとも話してました

 

交際中の彼女は、フォロワー数1万人超のインスタグラマーだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

挫折ばかりの人生だった

 

 

 

 

 

 

ネットの声

 

典型的に人生履き違えた生き方がここまでの長い期間持続したのは何だろうか。普通なら幼児期や遅くとも高学年位で自分の身の反省すべき点に気づけていないと。私も子供の親だから思いますがエスカレーター式に上れた事に錯覚を起こす子供の姿が目に写り出したら度に自惚れるなと言いました。その意味が頑張っている子供には辛い言葉も解る。実の親が子供の頑張りを認めていない訳では決してない。その上で叱る。勿論反発も受け止めながら学生時代にはどれ程自惚れが後々命取りになるか本人も解った。それ以降は特に目立つほどの事はなく社会に入りました。いいわいいわなら親も楽なのです。本人もらくなのです。ただ長い人生頭が多少良くても出来損ないでも肝心な事を知らずに育てばそこから先はないも同然。頭が多少良ければ人の為に尽くす。自己満足で終わらせない事。周りもそれに気づけていても中々指摘もできない。親だからこそ私はできると思う早めに正す
部活動のことは気持ち分かるけど、その後の仕事に関しては挫折じゃないと思うけど、、、 大手企業に入れてるし、転職して歩合が厳しい?どこもそんなもんやと思う。 昔から私立通える家庭やったし、学費の返済とかもなさそうやし、生活も余裕あったんじゃないかな? 稼いだお金全部好きに使えることがどれだけ幸せか考えて見て欲しい。 この人が実際犯人かは分からんけど、普通にしてれば良かったのに。
信頼による繋がりよりも、持ち物や表向きの振る舞いだけで人目を引くことに重きを置いた人生観を感じました。 密室のことはわからないし警察が立証して検挙するのでしょうが、今、身柄を確保されている場所で当人が浴槽で亡くなった方に対してどう思っているのかが気になります。今この瞬間まで、人の命や尊厳より自分の自尊心なのか。それとも、過ちがどこにあったのかを想うのか。読んでいて虚しくなる記事でした。
<この記事を読んでる方は下の記事も読んでます>
(Visited 1,277 times, 1 visits today)
タイトルとURLをコピーしました