セカオワ深瀬、スタジオ設立で借金500万。中学から歌はうまい。

スポンサーリンク

こんにちはkarisumaです。

 

 

NHKの番組で秘話を語った。

 

バンド名についてFukaseは「自分の状況がよくなくて、もう音楽しかやることができないと思って。終わりから始めようという意味でつけた」と明かす。

 

借金500万

 

実は、デビュー前に借金が500万円あったという。理由はライブハウス「club EARTH」を自分たちで手作りしたから。24時間、自分たちだけが使えるスタジオを作ろうと思っていたところ、「気がついたらライブハウスになっていた」と明かす。

 

借金についてFukaseは「僕は社会的信頼がないらしく、借金できなくて、メンバーに背負わせた。僕は審査がひとつも下りなかった」と苦笑。

 

音楽で成功する自信については「全然なかったですけど、成功しないとヤバい。ほかに自分に道がないし、メンバーも引きずり込んでいる」とプレッシャーがあったことを振り返っていた。

 

すごいですね。やはり人間追い込まれると力が発揮されますね。

 

イメージがまるで違うライフスタイル

 

 

Fukaseは自身について「アナログ人間でパソコンも持ってない」と告白。ネット予約が必要な場合は、「怖いから直接(店に)行ってネット予約のやり方を店員さんに聞く」と意外な一面を披露。一方で、100人ほどでキャンプに行くなどアウトドア好きなことを話していた。

 

SNSの反応

 

SEKAI NO OWARIがデビュー前に自分たちで作った大田区のライブハウスの紹介があった。借金を500万円したそうです 今は、有名になり、Fukaseさんは、今回、俳優初挑戦 元気をもらえた

 

Fukaseくん、いつだってウエルカムな人間、22時に寝て6時に起きるパソコン持ってないアナログ人間、アウトドアな人間

 

明るくて素直なお話しをされる方です。ライブハウスを作った時、借金したお話しとか。 華大さんもお話し聴くのが とても優しいで

 

昔から歌はうまい

 

「同番組では、中学時代の友人がFukaseさんについて証言しています。バス旅行でFukaseさんがカラオケでDragon Ashの曲を歌ったところ、女子たちが色めき立ったそう。Fukaseさんは『好きな子がいたから思いを伝えるつもりで』と曲に思いを託してたことを明かしていました。

 

出身中学

FUKASEさんの出身中学は、地元大田区内の公立校の大森第七中学校です。

当初は越境入学で別の中学に進学していますが、中学1年生の時に人間関係のトラブルから本来進学すべきだったこの中学に転校しています。

 

Fukaseは初出演映画『キャラクター』で殺人鬼役を熱演。もっと彼の知られざる素顔を聞いてみたいです。

 

どんな映画?

 

「売れない漫画家が殺人犯の目撃者となり、その殺人犯をモデルに漫画を執筆して売れたら」というアイデアを元に、登場人物(キャラクター)それぞれの人間模様を描く。

原案・脚本は浦沢直樹の『MASTERキートン』や『20世紀少年』の共同原作者でもある長崎尚志で、彼のアイデアを元に、企画の川村元気とプロデュース担当の村瀬健で10年以上前から構想を練った完全オリジナル作品。

映画『キャラクター』公式サイト
2021年11月24日(水)Blu-ray&DVDリリース!デジタル配信開始!

公式ページです。

 

<この記事を読んでる人は下の記事も読んでます>

山寺宏一と岡田ロビン翔子の結婚で前妻の田中理恵が意味深発言。

 

熊田曜子、過去に過剰な被害者アピール。元カレ証言で新展開か?

 

IZ*ONEの再結成が高方面で議論されている。様々な可能性議論中

 

 

 

(Visited 121 times, 1 visits today)
タイトルとURLをコピーしました