【深田恭子】適応障害から活動再開へ自身のインスタグラムで

スポンサーリンク

こんにちはカリアゲです。

 

 

「適応障害」と診断され、治療のため休養していた女優の深田恭子(38)が2日、自身のインスタグラムを更新。活動を再開することを報告した。

 

深田は「突然の休養となり皆様にご心配とご迷惑をおかけしてしまいました。暖かいご声援とご支援に心から感謝しています。誠にありがとうございます。皆様に支えて頂き、与えて頂いた休養により、心と体も回復しまして、これから活動を再開していくことをご報告します」と発表。

 

はじめは小さな一歩かもしれませんが、一歩、一歩、皆様への感謝を忘れずに、私が頂きましたように誰かを勇気づけたり、明るい気持ちになって頂ける、そんな姿でお仕事ができたらと思っています。これからもどうぞ宜しくお願いします」とメッセージした。

 

深田については、「適応障害」と診断され、所属事務所が5月26日に当面の間、治療を優先し、休養することを発表。「関係者の皆様には大変なご迷惑をおかけすることを心からお詫び申し上げるとともに、私どもとしましても、深田恭子をできる限りサポートしてゆきたいと存じます」と伝えていた。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

深田恭子(@kyokofukada_official)がシェアした投稿

 

 

コメントまとめ

 

むしろ深田恭子さんのように影響力の大きい方が休養に入られたことで、”心身共に疲弊している時には休む”という本来当然あるべきはずの選択肢を提示して下さり、それに救われた人も少なくなかったのではないかと思います。
「奇跡の●歳」のように謳われることが多い彼女ですが、そのような謳い文句も時には強迫観念のようになりかねないとも感じます。
10月15日公開の映画『劇場版 ルパンの娘』に向けての宣伝活動などでまた深田恭子さんの姿が観られそうだと期待してしまいますが、くれぐれもご自身のペースで活動を再開されますように。
早いのでは?という心配は当然ですが、適応障害を発症する方は真面目な方が多く、出来ないことが増えることで自己嫌悪に陥り、最終的に適応障害に至るというパターンも多いです。
なので休養が長くなるほど、本人にとってはストレスとなる可能性もあるので、出来ることを少しずつ早めに始めることも正しい選択だと思います
適応障害の同僚がいましたけど復帰しては休職を2回程繰り返した後自主退職しました。
環境を変えてからはかなり調子が良くなったみたいで現在は社会復帰してます。どうか無理はなさらずに。
<この記事を読んでる方は下の記事も読んでます>
(Visited 310 times, 1 visits today)
タイトルとURLをコピーしました