【TKO木本】事務所退社 5億円トラブルで すべて失ったか?

スポンサーリンク

こんにちはカリアゲです。

 

 

本紙報道で巨額投資トラブルが明らかになったお笑いコンビ「TKO」の木本武宏(51)が、所属事務所「松竹芸能」を退社する方向であることが21日、分かった。テレビ、ラジオ各局が出演番組の打ち切りや降板を次々に発表するなど影響が広がっており、木本をよく知る知人は「けじめとして事務所を辞めざるを得ない」と話している。

 

木本がMCを務める関西ローカル「週末ライブ キモイリ!」を放送するKBS京都はこの日「23日の放送をもって番組を終了する」と発表。

 

改編期ではない7月下旬に番組が終了することは異例。同局は「複合的な理由」と説明し、急きょの決定だったことを認めた。木本は同番組を16日まで2週連続で欠席していた。

 

さらに、レギュラー出演するMBSラジオ(大阪市)の「エビ中☆なんやねん」の降板も決定。同局は木本が22、29日の放送を欠席するとした上で、8月以降の出演については「事務所と相談して決定する」としているが、関係者は「既に降板が決まっている」と話した。

 

MCを務めるBS11の番組「アプリ学院!」も、8月放送分から代役が立てられる。

一方、木本が周囲に投資話を持ちかける際「仮想通貨などへの投資」と説明していたことも判明した。

 

事情を知る関係者は「少なくとも7、8年前から、仲のいいタレントやスタッフに声をかけていた。これまで集めた金額は5億円以上に上るが、その金を預けていた人物と急に連絡が取れなくなった。木本さんの手元に金は残っていないようだ」と語る。

 

この人物と現在は連絡が取れており、代理人を立てて交渉する意向のようだが、金が戻ってくるかは不明。「現時点で出資者から被害届などは出ていない。ただ金額が大きいだけに今後、警察沙汰になる可能性はある」(関係者)という。

 

所属事務所は「事実関係を確認中のため、弊社からのコメントは控える」としている。一方、関係者は「番組の打ち切りや降板という事態になり、仕事仲間や関係者に多大な迷惑をかけている。何らかのけじめをつけなければいけないことは本人も自覚している」と話している。

 

 

ネットの声

 

仮想通貨はまだ歴史も浅く、投資家保護の仕組みもできていません。確かに上昇する時はかなり利益が出ますが、下落スピードも非常に早いものがあります。また、業者が詐欺的行為を行う可能性もあります。もちろん、将来性も高く、信頼できる仮想通貨も出てきていますが、投資にあたっては、仮にゼロになっても生活に支障の無い金額で行うほか、周りの人を巻き込まないことが重要です。
投資トラブルの内容がはっきりしていませんので、なんとも言えないところがありますが、5億円以上のトラブル、7〜8年前から暗号資産への投資の誘いをしていたことが事実とすれば、このところの暗号資産の暴落と何かしらの関連性があることも考えられます。 いずれにしても、人の心理として、損失を大きく出した時に、その埋め合わせようと思って、怪しげな勧誘に手を出してしまい、さらに損失金額が膨らんでしまうことがあります。 木本さんの人あたりの良さが、こうした罠にはまってしまっていないか、心配なところです。 得てして、悪意ある者たちは、それがわかっていて、こうした損失を抱えた人物に声をかけて、騙して二次被害を被らせることもあります。 真相はこれから明らかになると思いますが、弱っている時の甘い誘いには注意が必要です。
別の記事では、酒の席でも自分の通帳持参して、一緒にやろうみたいなことを言って誘っていたらしい。 なぜ、誘ったのかが疑問だよね。 儲かることを自分一人でやるのが普通だと思うし、投資にはリスクがあるから普通は引きずり込むのはご法度でしょうに。 だいぶ儲けてはいたみたいで、損をするわけがないという自信過剰が他人を巻き込む原因なのか、他人を巻き込んでもっと投資資金を集めたかったのか、いずれにせよ誘われてやってしまった人は金が戻らなければ木本を恨むことにはなるし、そうなれば木本は同じ業界にはいられなくなる。 事務所退所というより芸能界にはいられないでしょうね。
理解できないのが、なんで相方が色々と問題起こしてて、何かあれば自分も職を失う可能性があることを知ってるはずなのに、こんな怪しさ満点の商法に手を出してそれに周りを引き込もうとするのかってこと。 自分だけで勝手にやってれば別に良いんだろうけど、周りを巻き込むってことはネズミ講のように上がより儲けるような仕組みがあると考えるのが普通だよね。
<この記事を読んでる方は下の記事も読んでます>
(Visited 79 times, 1 visits today)
タイトルとURLをコピーしました