【愛知県中3殺人事件】被害者は誰からも好かれた存在だった

スポンサーリンク

こんにちはカリアゲです。

 

 

24日午前8時10分ごろ、愛知県弥富市の市立十四山中学校から「生徒同士のトラブルで生徒が腹部を刺された」と110番があった。

 

県警によると、同中3年の伊藤柚輝さん(14)が校内で同級生の男子生徒(14)に腹などを包丁で刺され、搬送先の病院で約2時間半後に死亡が確認された。

 

 

伊藤さんは中学で野球に打ち込み、明るい性格で誰からも好かれる存在だった。「なぜ、こんなことになったのか……」。

 

近所の人たちに驚きと悲しみが広がった。  中学2年の息子が同じ野球部に所属していたという男性(44)は「あいさつもよくできて人から好かれる子だった。なんで彼がこんな目に遭わないといけないのか」と憤った。

 

伊藤さんは野球が昔から好きだったといい、息子と一緒に遊んでもらっていたという。  小学時代に一緒に登下校していた高校2年の女子生徒(16)は「友達思いですごく良い子。十四山中は人数が少なくアットホームで先生たちも生徒をよく見てくれていた。何かトラブルがあったら事前に分かるはずで、なんでこんなことになったのか」と話した。

 

 

近所の女性(76)は「こんなことになって胸が苦しい」。伊藤さんが小学生だった時、学校であった年末ダンスイベントの際、踊り方を教わったといい、「誰にでも優しく思いやりがあり、とっても良い子だった」と悲しんだ。

 

自転車で登校する姿をよく見ていたという近所の男性(78)は「友達とは仲よさそうだった。トラブルがあったようにはまったく感じなかった」。

 

近くに住んでいた女性(41)も「ただただ驚いている。いつもあいさつしてくれる良い子だった。こんなのどかな場所でこんなことが起こるなんて信じられない……」と言葉を失った。

 

 

 

 

ネットの声

 

名前も家族構成も出すなよと思う。
マスコミは、
他の子どもたちにも関わらないで。
日本もEUのいくつかの国のように、
被害者の氏名や写真等個人情報を出すことを法規制すべき。
なぜそんな当たり前のことができないのかな。こうした報道が、
若い子どもや若年層を刺激することを意識してほしい

こういう場合には加害者や加害者家族だけで無く被害者側にも相当辛い事が起こります。
こういうショッキングな事件なら未成年の被害者氏名は控えた方が良いと思います。
まだ詳しい情報が分からない時点から加害者だけで無く被害者まで誹謗中傷される場合があります。
勿論、どんな事があっても誹謗中傷は駄目な事ですが。
メディアはもう少し考えて欲しい。

しばらくはそっとしておいたらどうでしょうか?

生徒達やその家族や地域の方の受けたショックは計り知れないものがあると思います。
今は生徒達の心のケアが急務です。
そんな状況の中、報道は学校現場にとって迷惑なものでしかありません。

多くの人のインタビューが載っていますが、どれだけ多くの人にインタビューを試みたのでしょうか?
野次馬根性で取材するべきではないと思います。

被害者も加害者も不幸な事件です。
どの様な性格の子であれ、どの様な態度をとっている子であれ、失われて良い命などありません。

原因や背景は専門家が調べると思いますので、マスコミが野次馬根性で当人達をほじくり返す様な報道をすべきではないと思います。

学校名を報道する必要があるのでしょうか?
被害者の実名を報道する必要があるのでしょうか?

配慮の微塵も感じられない報道だと思いました。

<この記事を読んでる方は下の記事も読んでます>
(Visited 101 times, 1 visits today)
タイトルとURLをコピーしました