【生稲晃子】選挙戦なのに矛盾な回答と意識が足りないと批判

スポンサーリンク

こんにちはカリアゲです。

 

 

 

7月10日に投開票を迎える参院選。候補者たちは最後の追い込みをかけるべく、デッドヒートを繰り広げている。

 

そんななか、とある“ツッコミ”が殺到しているのが、東京選挙区から立候補しているおニャン子クラブの元メンバー・生稲晃子氏だ。

安倍晋三元首相が惚れ込んだタレント枠です。しかし、出馬前に真剣に政治活動をしていたわけではなく、立候補にあたって掲げる政策は、当然、付け焼刃ですよ」(政治部記者)

 

そんな彼女の“付け焼刃ぶり”が、新聞社が各候補者に実施するアンケートで露呈することになった。

 

 

大手新聞社は候補者に対して、争点になりうる政策について賛否を尋ねるアンケートを実施しており、有権者が各候補者の政策を知る手がかりになるように、ネット上で公開しています。そこで生稲氏は、毎日新聞のアンケートにある『富裕層への課税強化に賛成ですか。反対ですか』という項目について、『反対』と答えています。

 しかし、朝日新聞が設けた『所得や資産の多い人に対する課税を強化すべきだ』という設問には『どちらかと言えば賛成』と回答しているんですよ。質問の趣旨は両紙でほぼ一緒なのに、回答が真逆になっています。これでは、生稲氏が富裕層への課税についてどんな考えを持っているのかわかりません

 

この“矛盾”に対して、ネットでは

自分で考える事が出来ないからでは?

富裕層という言葉の意味がわかってないのかも

客寄せパンダに政策も信念も無いだろ

など、辛辣な意見が寄せられている。

 

選挙選なのに意識が足りない?

 

選挙期間中、ほとんどの候補者は、コンビニ弁当などで手早くごはんを済ませ、ほぼ1日中街頭に立ったり、選挙カーで動き回ります。しかし、生稲さんは夕方になると『お腹すいた~』とレストランへ行きたがるんです。アイドル気分がいまだに抜けないので周囲でも辟易としています。本人の覚悟のなさが、このアンケートにも出ているんですよ」(自民党関係者)

 

 

 

 

こんな意見も

 

議員に立候補する前にやるべきことが有ります。 議員になってから勉強するのでは、有権者を馬鹿にしていますよね。 だから、知名度で一票投じるのが間違いと思います。 議員の数合わせも必要だとも思いますが、そんな次元で国民多数の血税を歳費として使う必要は無い。 税金の使い道には、もっと有効な使い方が有る。
政治を知らないタレントは選挙に出ない方がいい。客寄せパンダもいいかげんにして。 ろくに理念もなく立候補するのはやめてほしい。立候補前に政治について基本的なテストをして合格した人が選挙に立候補するべきです。政党も票取りの為にタレントを担ぎ上げるのもやめてください。国民もその政党や立候補者に票を入れない。タレントも立候補するならある程度知識を持つ人だけにしてください。税金の無駄です。この人当選しても何かしたいのかわかりません。当選してから政治について勉強しますなどとは言えないよ。
あり得ない。 自民党の党利党略のために立候補させるタレント候補はこんなレベルです。 課題の多い国政を担う国会議員を選ぶ選挙は与野党問わず最低限の資質は見極めて投票したいと思います。 比例などという国民の直接的な意志が反映できない制度が一番の問題です。 比例をやめ、無駄な議員数の削減をうたう党や候補者はいないのだろうか。 それが実現しない限り国会議員ほど楽に稼げて万が一犯罪行為とみなされる行為があっても逃げ隠れさえしていれば給与も賞与も振り込まれる実に素晴らしい職業です。 その支払われる原資が税金であることを有権者は今一度考えて投票に行きましょう。

 

<この記事を読んでる方は下の記事も読んでます>

 

【給付金詐欺】セミナー映像から見る主犯格と指示役の人物像

【持続化給付金詐欺】主犯格逮捕へ 松江大樹容疑者 2億円詐欺

【小栗旬】激怒で独立の可能性か 数名のタレントも一緒に?

(Visited 48 times, 1 visits today)
タイトルとURLをコピーしました