ハマスの残虐行為 肩を組み合ったまま黒焦げになった数人の遺体

スポンサーリンク

パレスチナ自治区ガザを実効支配するイスラム原理主義組織ハマスの戦闘員はイスラエル南部に侵入して多数の市民を殺害した。

イスラエルの非政府組織(NGO)「ザカ」のボランティアは、軍や警察と協力して犠牲者の遺体を捜索、収容している。メンバーの1人が産経新聞の取材に応じ、ハマス戦闘員の残酷な襲撃の実態を語った。

取材に応じたのはイスラエル中部モディーンのシムハ・ガイニマンさん(46)。6人1組で活動するザカのチームリーダーで、普段は救急車の運転手をしている。

ザカは殺人事件や交通事故、テロで死者が出た場合、捜査終了後に警察や軍から遺体を引き取り、ユダヤ教の教えに基づいて埋葬を執り行うプロジェクトを進めている。 ハマスがイスラエルに侵入して市民を襲撃した7日の午後6時。軍から「南部の兵舎が連絡しても応答しない」との連絡が入り、ザカの司令部がガイニマンさんのチームに南部スデロトに行くよう命じた。

 

■荷台が70遺体で満杯に 中部からトラックで南下する途中、高速道路には銃撃された約50体の遺体があった。司令部からは「停車するな。戦闘員が残っている。狙撃されるぞ」と指示が飛んだ。

 

到着したスデロトではハマス戦闘員が警察署を占拠し、イスラエル軍と銃撃戦になっていた。チームはその脇で約20体の遺体を集め、高速道路に引き返してさらに遺体を収容した。

トラックの荷台が70体の遺体で満杯になった」(ガイニマンさん)。

遺体を入れた袋に「軍人」「民間人」「戦闘員」と書き分け、近くの軍施設で引き渡した。戦闘員は頭に鉢巻きをしてベストを着ており、すぐに見分けがついた。

 

■逃げないよう足を撃った ガイニマンさんのチームは8日、ガザとの境界近くの野外コンサートの襲撃現場に行き、18~35歳ぐらいの多数の遺体を見つけた。

ガイニマンさんは「多くは頭と足を撃たれていた。逃げないように最初は足を撃ったのだろう」という。 シェルターに隠れたが発見され、手投げ弾を投げ込まれてバラバラになった遺体もあった。

軍と手分けし、すべての体の部位を集めたりして30体ほどの遺体を収集した。 9日は南部ベエリの住宅街を回って犠牲者を探した。親を取り囲むように子供たちが座り、それぞれが何発も撃たれている家族がいた。

施錠され、放火された家の中に入ると、肩を組み合ったまま黒焦げになった数人の遺体があり、1体ずつ引き離して収容した。

 

■性暴行の疑いも 一部で報道された「首を切られた子供の遺体」はあったか聞くと、ガイニマンさんは言葉に詰まってうつむき、目に涙をためてうなずいた。現場の状況から性暴行もあったと考えているという。

 

20年前から救急車の運転手として働くガイニマンさんは、2000年に始まった第2次インティファーダ(反イスラエル闘争)で、多数のユダヤ人が乗ったバスが爆破された事件でも現場に行った。

しかし、「今回は過去の事態をはるかに超えている。手には遺体収集時の感触が残ったままだ。がれきの下にもまだ遺体があり、事態は収束していない」と話す。

ガイニマンさんは、イスラエル軍はガザで地上作戦を行うとの見通しがあるとし、「いずれガザにも行ってイスラエル兵を捜索、収容することになるだろう」と話した。

ガイニマンさんのチームの1人、エリ・ヘイゼンさん(56)が送ってくれた数十枚の写真には、射殺されたイスラエル軍兵士や焼け焦げた死体などが映っていた。ザカでは600人のボランティアが活動している。

この記事に対してのコメント

 

覚悟のある人はネットでハマスの動画を調べてみると良い。 無抵抗な市民を銃撃する見るに耐えない酷い映像が多くあります。 その中にはガザ地区へ凱旋する様子の映像もありますが、市民が集まり歓声を上げて迎えてます。 そしてトラックの荷台に乗せられた人質や兵士に、集まった市民が集団で暴行を繰り返してます。 あの映像を見たら皆がとは言いませんが、市民の中にもハマス(テロリスト)を支持する人や協力者が多い事が理解出来るでしょう。
ハマスに大義名分を与えない事が重要です。当然ながら病院などを攻撃すればそれと戦う勇敢な兵士というストーリーが生まれてしまいます。パレスチナでは多くの民間人が犠牲になっており、ハマスは言わば英雄のように扱われているのは容易に想像できる事です。しかし実際は巧妙に経済活動から利益を掠め取るただのテロ集団です。ハマスやテロ組織を格好良い、巨悪と戦う勇敢な兵士といった英雄視させない事が重要です。まずは地道にパレスチナ住民の意識改革から始めていきましょう。長年の戦いになりますが所詮はテロ組織ですから何とでもなり勝利は見えています。
パレスチナでどんな被害があったかを報じることには熱心なメディアばかりの中で、ハマスが何をしたのか?を報じて相対化することが殆どないと思ってたけど、ちゃんと報道する新聞もあるんだな。 襲撃があった日は、ハマスの戦闘員が車に向かって発泡した後で、その死体を車から引きずり出して、足蹴にして踏みつけて、どこからともなくやって来た数十人の戦闘員と一緒に大喜びしてる動画とかを見た。 パレスチナを支持する人々は、あの光景を当然の報いという。到底、俺はその一味になることは出来ないね。
合わせて読みたい
(Visited 198 times, 1 visits today)
タイトルとURLをコピーしました