ビートたけしが過去に河村市長に嫌なことをされた?恨み節を語る

スポンサーリンク

こんにちはカリアゲです。

 

お笑いタレントのビートたけし(74)が7日、「新・情報7daysニュースキャスター」(TBS系)に出演し、名古屋市の河村たかし市長に“恨み節”を放った。

 

東京五輪で金メダルを獲得したソフトボール日本代表・後藤希友の金メダルをかんだ名古屋市の河村市長について、たけしは「あいつはいい加減なやつでね」と切り出した。

 

 

続けて「おれの映画、名古屋でやった時になんだか知らねぇけど、舞台あいさつ来て映画の内容全部しゃべりやがって。これから見るやつの一番大事なところで『自殺するんですよ』って言っちゃって。バレバレになっちゃって嫌になっちゃったよ。あのオヤジ」とうんざりとし様子だった。

 

 

これに安住紳一郎アナウンサーが「映画の紹介で一番やっちゃいけない…」と失笑すると、たけしは「それをやっちゃってんの」と困惑の表情を見せた。

 

高須クリニックの高須克弥院長ももううんざり

 

河村たかし氏(72)に対して絶縁宣言をした。両氏は昨年、大村秀章愛知県知事へのリコール運動で共闘。一体、どうしたというのか。

 

裏切ったり、逃げるために友達を売ったりする人は友達から外します。河村氏は気に入らない動きをしたから絶交するつもりだったのですが、選挙に影響してはいけないので当選するまで黙っていました

 

 

高須氏は取材にこう訴えた。聞けばリコール運動のスタートから不信感があったそうだ。河村氏から「大村知事へのリコールを手伝ってほしい」と電話があり、芸術イベント「あいちトリエンナーレ」の件で大村氏に思うところがあった高須氏は快諾したという。
 

ところが河村氏が主導してリコール運動をやると思っていたら、高須氏がトップになっていた。一方の河村氏はあくまでリコール運動を応援する立場だったと強調している。

 

これについて高須氏は「ハメられた」と振り返った。

 

高須氏は河村氏が筋を通していないことに怒りを感じている。

全部人のせいにしている。裏切る人を友達にするだけでも汚らわしい。絶縁したい。政治的に邪魔はしようとかはありませんが、曖昧にして(今後も)高須マネーをあてにされるのはごめんです」とキッパリと言った。

 

大村氏へのリコール運動は、集めた署名約43万人分のうち8割に不正が発覚し、愛知県警が地方自治法違反の疑いで捜査する前代未聞の事件に発展している。

 

河村氏は当確直後のインタビューで、「リコールについてはちょっと報道が悪かったよ。市民の皆さんはよう分かっとってくれた」「直前までとんでもない記事が出てくる」とマスコミに怒りをぶちまけた。

 

まだまだ波乱はありそうだ。

 

<この記事を読んでる方は下の記事も読んでます>

 

小田急線事件の犯人 刺した理由。勝ち組に見えた 犯人の心理状況

 

やっぱりPSGはメッシ獲得に本腰 52億用意 日本も獲得したい?

 

小田急線刺傷事件の犯人 逮捕前に万引き 動機が身勝手

 

 

(Visited 86 times, 1 visits today)
タイトルとURLをコピーしました