小田急線刺傷事件の犯人 逮捕前に万引き 動機が身勝手

スポンサーリンク

こんにちはカリアゲです。

 

6日夜、東京・世田谷区の小田急線の車内で、乗客が刃物で切りつけられるなどした事件で、逮捕された36歳の男が「幸せそうな女性を見ると殺してやりたいと思っていた。誰でもよかった」などと供述していることがわかりました。

 

 

殺人未遂の疑いで逮捕されたのは、神奈川・川崎市に住む職業不詳の對馬悠介容疑者です。

 

警視庁によりますと、對馬容疑者は6日午後8時半ごろ、世田谷区の祖師ヶ谷大蔵駅近くを走っていた小田急線の車内で、20歳の女子大学生を刃物で刺し、殺害しようとした疑いがもたれています。

他にも乗客の男女9人がケガをしていて、對馬容疑者は犯行後に現場から逃走し、6日夜、杉並区内のコンビニで身柄を確保されていました。

 

元車掌が憤り

 

事件があった電車は、登戸(川崎市)を出て、下北沢(世田谷区)に向かっていた。この区間の通過駅は快速急行では最多の10駅あり、駅間は8分かかる。

 

小田急で車掌を経験した一人は朝日新聞の取材に、「小田急線の中では(特急を除き)長い時間、乗客が車内を出られない区間。利用者なら知っていることなので、あえて狙ったのではないか」と話した。「恐怖でしばらく電車に乗れなくなる人も出てくるはず。あってはならないことで、許せない」と憤った。

 

身勝手な犯行動機

 

對馬容疑者と女子大学生に面識はなく、調べに対し容疑を認め、「6年くらい前から幸せそうな人間、主に女性を見ると殺してやりたいと思っていた」「誰でも良かった。大量に人を殺したかった」と供述しているということです。

 

一方で、6日の正午すぎには、新宿区内の食料品店で万引きをしたとして店員に通報されていて、その後、「店員が女性で、殺してやりたいという感情が芽生えた。殺そうと思って向かったが、店が閉まっている時間で電車での犯行に切り替えた」とも話しているということです。

 

車両内でサラダ油を床にまき、火を付けようとしたことが7日、警視庁への取材で分かった。出火はせず、サラダ油が入っていたとみられる容器とライターが押収された。

 

 

<この記事を読んでる方は下の記事も読んでます>

 

小田急線事件の犯人 杉並のコンビニに入り 逃げるのは疲れた

 

速報!小田急線の事件で男の身柄確保 情報Twitterまとめ 

 

ナイナイ岡村、ラジオで謝罪 過去になだぎ武に暴言

(Visited 669 times, 1 visits today)
タイトルとURLをコピーしました