「雨上がり決死隊」が解散 コンビを続けるのは難しい状況

スポンサーリンク

こんにちはカリアゲです。

 

 

人気お笑いコンビ「雨上がり決死隊」が解散することが17日、分かった。関係者によると、本日中にも発表する見通しで、宮迫博之(51)と蛍原徹(53)はそれぞれ活動を続ける。

 

特殊詐欺グループとの間で行った闇営業問題を受け、宮迫は2019年7月に所属していた吉本興業との契約を解消。

 

蛍原は同社に所属したまま、冠番組のテレビ朝日「アメトーーク!」などテレビを主戦場として単独で活動を続けてきたが、32年のコンビの歴史に幕を閉じることになった。

二人で話合い

 

2人をよく知るテレビ局関係者は「今後、コンビとして継続するのが難しい状況が続いていた。区切りをつけるのが、お互いのためになると思ったのでは」と話した。

 

昨夏には、25年ぶりに2人きりで話し合いの場を持ち、その後も連絡を取り合うなどコンビとしての方向性を探ってきたが、気持ちのすれ違いもあり接点が見出せず、決断したとみられる。

 

吉本脱退後、宮迫については明石家さんま(66)が後ろ盾となってきた。19年11月には、さんま主催でテレビ局関係者や芸人仲間が参加し、宮迫の激励会を開催。

 

司会は蛍原が務めており、これが雨上がり決死隊として最後のツーショットとなった。20年には雨上がり再始動に向けて全国ツアーのプランも浮上したが、立ち消えになっていた。

昨年8月には、蛍原がテレビ番組で雨上がり決死隊について言及。「(まだ解散にも)なってないからね。そのまま解散も何もしていないから」と継続に意欲を見せていたが、それも叶わぬままに終わった。

宮迫はYoutubeチャンネル「宮迫ですッ!」を20年1月に開設しており、現在の番組登録者数が140万人のトップユーチューバーとして活躍。蛍原も今年5月に趣味のゴルフ専門のチャンネル「ホトゴルフ」を立ち上げたが、コラボすることもなかった。

雨上がり決死隊は1989年に結成。コンビ名はNSC7期生の同期で行ったライブのタイトルから名付けた。コント主体の芸風で人気を博し、お笑いユニット「吉本印天然素材」として東京進出。フジテレビのコント番組「ワンナイR&R」でブレークした。

 

<この記事を読んでる方は下の記事も読んでます>

 

【木村拓哉】インスタの投稿の自撮りであざとい?賛否の声が多数

 

【柴咲コウ】猛暑に対しての投稿にちょっと何言ってるかわからない 

 

【TBS小林廣輝アナ】6股報道 母親がどうしようもない息子

 

 

(Visited 110 times, 1 visits today)
タイトルとURLをコピーしました