【鈴木紗理奈】がブチギレ 炎上した野外フェスで主催者表に出てこい

スポンサーリンク

こんにちはカリアゲです。

 

 

レゲエアーティストとしても活動するタレントの鈴木紗理奈が31日、TBS・CBC系「ゴゴスマ~GoGo Smile」で、感染対策が不十分で批判にさらされている野外フェス「NAMIMONOGATARI2021」について、主催者へ「ヒップホップはやっぱりこうなんか…と思われるのが本当に悔しい」と激怒した。

 

 

番組では密な状態で開催されていた「NAMIMONOGATARI2021」について特集。主催者側は前日に「お詫びと経緯のご説明」という文書を発表するも、一部で愛知県側との言い分の食い違いも指摘されている。

 

番組側は連日、主催者の事務所で呼び鈴をならすも、主催者側は姿を見せていない。

 

今回の騒動に、紗理奈は激怒。「私はレゲエアーティストもやらせてもらっていて、こういうフェスをメーンでライブ活動していたが、去年から全部のイベントが中止になって。私はタレント活動もやらせてもらっているが、ライブ一本でやってるアーティスト、イベンター、コロナなんで仕方ないって、断念しますって、何百ものイベントが涙をのんで協力しようと聞いていた」と、ほとんどのイベントは我慢をしていると説明。

 

 

こういうことを平気でする…」「そういう勝手な行動、ガイドラインを破ったり」と怒りは止まらず

ヒップホップのイメージ、やっぱりこうなんか、フェスってやっぱりこうなんかと。一つのイベントでちゃんと守っている人が、さらに苦しい思いをするのが、もうすごく悔しい」と残念そうな表情。

 

さらに、番組側が何度も訪問しても全く表に出てこないことに「誰やねん、出てこいと。インターホンにも出てこない不誠実な対応、すればするほどイメージ悪くなるから。そこまでするなら表に出てきて話をしろよ、という感じ」とも訴え。

 

紗理奈は、レゲエやヒップホップのイメージをアップさせるために「だからこそイベントの後のゴミ拾いして帰ろうとか、イメージ脱却しようと何年も頑張ってきて、中高生にもたくさん聞いてもらえるようになってきたのに、こういうことでやっぱりそうかと思われるのが悔しい」と何度も「悔しい」を繰り返していた。

 

 

コメントまとめ

 

紗理奈さんの言うように、今、イベントを行うのであれば最新の注意を払ってしないとこのような結果になります。
一度このような事が起こると、この後のイベントはもう続けられなくなります…

音楽関係の方が努力して積み上げてきた信用を一気に崩した訳ですから、責任をとって頂きたいです。

このまま逃げる事は許されない…

「誰やねん、出てこいと。インターホンにも出てこない不誠実な対応、すればするほどイメージ悪くなるから。そこまでするなら表に出てきて話をしろよ、という感じ」

結局主催者がこのような不誠実な対応ですから今回のような常識のないフェスになってしまったのだと思われ、鈴木さんの悔しい気持ちは大変よく分かりますが、残念ながら今回の一件で大型フェスへの不信感は世間的には大きくなってしまったのではないかと感じられます。

主催者、演者とも頭が空っぽのわりに、利己的なわがままな性格をしている人が多いんだろう。
だから、自分たちがなぜこれほど非難されているか理解できないのではないか。
もちろん表に出て話するだけの勇気も気概ももちあわせておらず、愚にもつかない言い訳だらけの謝罪文らしきものを出して終わらせようとしている。
これほど卑怯な連中のイベントなど、今後すべて禁止でよいのではないかと思う。
<この記事を読んでる方は下の記事も読んでます>
(Visited 220 times, 1 visits today)
タイトルとURLをコピーしました