中居正広、肝炎になって改善はしたが医者は依存症レベルと判断

スポンサーリンク

こんにちはkarisumaです。

 

6月19日放送のラジオ番組『中居正広 ON&ON AIR』(ニッポン放送)で、4年ぶりの禁酒&飲酒再開を告白した、中居正広さん(48)。

「ピッタリ1カ月お酒やめて、もう1カ月以上たったので、がぶ飲みしております」

 

 

禁酒は’17年1月に肝炎で入院して以来。1カ月の休肝で肝臓の数値も改善。そのため禁酒前と同様に毎日欠かさず飲んでいるという。

 

肝炎とは?

 

肝炎は、何らかの原因により肝臓に炎症が生じる疾患です。

炎症により肝臓の細胞が破壊され、肝臓の機能が次第に低下していきます。 肝炎の原因として最も多いものは、ウイルスの感染によって肝臓に炎症が起こる「ウイルス性肝炎」です。

肝炎の原因となるウイルスは、主にA・B・C・E型の4種類が知られています。

 

テレビ関係者の証言

 

40代になっても1週間で焼酎2升のペースで、好きな野球などを見ながら毎日、平均6時間は宅飲みしていたそうです。’15年に最愛の父を亡くし、SMAPの解散騒動が’16年でしたから、この時期の“痛飲”が肝炎に影響したのかもしれません。入院療養後はお茶漬け用に使っていた1千円弱の茶葉で緑茶割りにするなど、微妙に体を気遣っているそうです。とのこと

 

肝炎後も酒量が減らない理由には、社長業も影響しているようだ。

 

昨春のジャニーズ退所直後は、支払い伝票や領収書に自ら目を通すたび『こんなにかかるの!?』とため息が出る日々だったそうです。

また、自分の冠番組の打ち切りの噂を聞くと“スタッフに申し訳ない”と悩み、長っ尻で飲むらしいです。

 

 

独立とコロナ禍が重なったことも中居さんの不安を煽っているという。

 

月1で地元・藤沢に戻り、友人たちと過ごす時間だけが息抜きでした。それがかなわぬ現状にため息をついてるらしいです。

 

専門医の見解

 

飲酒量が気がかりな中居だが、ライフサポートクリニックの山下悠毅院長はこう語る。

 

中居さんの酒量や頻度はアルコール依存症と呼べてしまうレベルですが、周囲の人とトラブルを起こしていなければ依存症とはいえないでしょう。基本的に依存症になりやすい方は寂しがり屋、頑張り屋さんが多く、中居さんのように努力家で才能がある方は、周囲から悩みや苦しみが理解されず独り酒になりやすい。

 

そして、今のようにお酒を飲むならば、中居さんは絶対、引退してはいけません。仕事を止めると孤独な時間が増えてアルコールへの依存が一気に進むからです。とのこと。

 

中居さんにとって、飲酒時間は自らと向き合う時間でもあるという。

 

中居さんは“飲みながら仕事現場を振り返り頭を整理する”と話していました。お父さまの“遺言”で酒だけでなく必ずつまみも食べるようにして二日酔いを防いでいるらしいです。

 

19日のラジオでは、「また4年間毎日飲んで、1カ月やめようかと決めている」と、“五輪休肝日”を設けると語るが、成功者でも悩みはあると思いますが健康じゃないとせっかく稼いだお金で楽しいこともできません。

 

でもたしか中居さんはどこかの番組でもうほしい物がないとか言ってました。

それはそれで楽しくないですね。まあお酒飲むのが楽しみですかね。

余計なお世話ですが、年齢も上がってきてるので中居さんの体が心配です…

 

 

ちなみに

 

長期にわたり大量の飲酒をすると、肝臓でアルコールが代謝される際に中性脂肪が蓄積し、脂肪肝や肝硬変などの肝臓障害が引き起こされます。

しかし、お酒が悪影響を及ぼす臓器は肝臓だけではありません。 糖尿病やすい炎などのすい臓の障害のほか、消化管、循環器系、脳、末梢神経障害など、全身の臓器におよび障害が現れます。

 

お酒はほどほどに!!!

<この記事を読んでる人は下の記事も読んでます>

森カンナインスタで結婚報告 バスケ日本代表馬場雄大選手

 

山本裕典引退ではなかったインスタ更新で復活 過去の女性問題

 

安藤なつクセが強すぎる性格で離婚。旦那も困り果てた結婚生活

 

(Visited 1,025 times, 1 visits today)
タイトルとURLをコピーしました