【牛宮城】で偽装発覚か?【宮迫博之】謝罪で様々な意見

スポンサーリンク

こんにちはカリアゲです。

 

 

この度、ネット記事やSNSでお騒がせしている件を、お詫びとご説明させて頂きたいと思います

 

 

3月25日、こう切り出したのは宮迫博之(51)。「牛宮城」で提供している和牛が一部ネット上で“偽装ではないか”と物議を醸していたことを受けて、YouTubeチャンネルを更新した。

 

店の公式サイト上にあるメニュー表には「牛宮城のこだわり4」として、《30ヶ月以上肥育されたA5の雌牛のみを使用し、ウェットエイジングという方法でお肉を熟成させて旨味を引き出します》と紹介されていた(現在は削除済み)。

 

事の発端は3月21日に、『煉獄コロアキ』と名乗るYouTuberが予約なしで店に“突撃”したことです。警察も出動する騒ぎとなりましたが、彼は店員から個体識別番号を聞き出しました。このことがきっかけで、去勢された雄牛が含まれていたことが判明したのです」(ITジャーナリスト)

 

 

3月1日のオープン初日から、江頭2:50(56)ら著名人が続々と来訪した「牛宮城」。さらに一度は宮迫との共同経営を撤退したヒカル(30)や事業を不安視していた堀江貴文氏(49)も訪れ、その味を絶賛していた。開店直後から繁盛ぶりを見せていた最中の出来事だった。

 

宮迫は冒頭の挨拶に続けて、「仕入れ担当に確認したところ、実際にメニュー表記と異なる去勢した雄牛を提供しているということが判明いたしました」と告白。“偽装”の疑惑を認めたのだった。

 

今回の動画には、店舗運営を担当する本田大輝氏も同席。本田氏によると、「3月1日~22日に仕入れた牛22頭のうち、2頭が去勢された雄牛」だったとのこと。

 

さらにメニュー上では《30ヶ月以上肥育された》と謳っていたが、実際は「肥育期間が30カ月未満の牛が提供されていた」とも明かした。

 

一方で、今後は「雌牛のみ」「30カ月以上肥育」の表現を取りやめると説明した宮迫。“美味しさを最優先させる”との意味合いで、「去勢された雄牛」「肥育30カ月未満の牛」を提供していく可能性があるとも言及したのだった。

 

 

様々な噓

偽装を認めた宮迫だが、「牛宮城」をめぐる“嘘”はこれまでも物議を醸してきた。

宮迫さんは『高級時計を売る』と言い出すほど、資金繰りに困窮する様子YouTube上で訴えていました。ですが後に、宮迫さんの単独出資ではないことが判明。

ノーブルプロモーション代表の若林和人氏が関与しており、宮迫さんが身銭を切らずとも事業を進められることが明らかになりました。これに対して“資金難は嘘だったのか”と批判が相次ぎました。

そもそも‘19年に闇営業騒動が報じられた際も、宮迫さんは初期段階で『金銭の授受はなかった』と虚偽の説明をしていました。この不祥事がきっかけでYouTuberに転身したのですから、いっそう誠実さが求められることも理解しているはずなのですが……」(芸能関係者)

 

宮迫のYouTubeチャンネルのコメント欄には、《すぐに謝罪と対策をしていてとても好感を持てました!》《対策がめっちゃはやい!》と今回の対応を評価する声もある。

しかし度重なる“嘘”に、ネット上では呆れ声が上がっている。 《雌牛にこだわってたんじゃないの? バレたから表記変更しましたって普通はちゃんと雌牛か確認して提供していきますが普通だと思うのだが。これだとバレたからしゃーないわって対応してるように見える

なんか謝罪すればオッケーみたいになってるのが不快。謝罪するってことは、仕入れ時点で解ってたでしょう?

嘘をついてはいけない…ということは理解していると思ってたけどな、残念

なに、また嘘ついたの?w

 

ネットの反応

 

元焼肉屋ですが、悪いけど普通、業者に30ヶ月以上飼育とか雌牛のみとか、仕入れ内容を細かくを指定していたら、まず起こり得ない仕入れミス。
仮に違う肉になりそうなら、業者から打診があるはず。
長期飼育となるとある程度、肥育先も限られてくるだろうから。

正直、数が足りないからとか、運営側から業者に違う肉を指定していた可能性も、疑われても仕方ない。

謝罪が早い!とかコメントしてる人は本当にズレてる。
店舗が約束したことを守らず、更に原価が安くなっているものを、ほかの20頭と同じ通常料金とられてるかもしれないのよ?

これまでの嘘で、どんどん自分の首が絞まっていってもまだ、ご自分のブランディングに傷がつかないように管理できていないんだから、多分トップは向いてない。
少なくとも、ご自身の名前を使って飲食業をやられるって意味を、甘く考えすぎだと思う。

経営のトップにありがちな「現場の状況を把握しきれていない」というのが完全に見えてしまってますね。
別にそれでも上手いこと回っていれば良いのですが、序盤にして雇っているスタッフがコレじゃ厳しいのではないでしょうか。
宮迫氏が客寄せパンダなのは色々あったタイミングでそれとなく予感はしていましたが、どうやら本物の客寄せパンダとしてしか使われていないような気がします。
当人は人を使っている感覚でしょうが、逆に使われているのに気が付かないと芸能人が手を出す事業あるあるの“一年程度で撤退‘’が現実味を帯びてきますね。
決して行こうとは思いませんが、動向を観察しているぶんには面白いです。
最近は様々な業界で悪事が発覚しすぎて頻繁にニュースになり
国民の善悪に対する感覚が麻痺していると思うんだけど
一昔前なら産地偽装やブランド偽装が発覚した企業は
下手したら倒産に追い込まれるくらいヤバい事だったんだけどね。
この程度で済んでいて宮迫氏はありがたいと思わなきゃ。

運営会社も宮迫氏を頭に据えて批判を経営側へ向けない様にしているし
宮迫氏は運営からお金入って動画配信でも金入ってきて
運営側は広告宣伝費がこういう形でペイ出来て損はしない。
今のところそういう流れが出来ているけれど、飲食店の運営というのは
信頼を得ないと長期的には続かないので今後次第ですかね。

家族が以前飲食店を経営していた事があり、その頃の苦労を見てきたので
誠実に向き合い美味しいものを提供しても経営は厳しかった。
それくらい大変だという事を宮迫氏は理解していないと思う。

<この記事を読んでる方は下の記事も読んでます>
(Visited 160 times, 1 visits today)
タイトルとURLをコピーしました