【木下優樹菜】芸能界復帰を目論むが厳しい現実 セクシー路線も視野

スポンサーリンク

こんにちはカリアゲです。

 

 

タピオカ恐喝騒動で世間から猛バッシングを浴びた元タレントの木下優樹菜(33)が、ユーチューブで涙ながらに芸能活動再開を宣言する動画をアップしたのは、10月28日のこと。

 

その直後、友人女性と外出していたところを「FRIDAY」が直撃している。

 

 

木下は「子供のために頑張る! そんだけ!」

 

と言い放ち、サングラスをしたまま、“チョリース”ポーズ。現在、謝罪動画(写真)は約400万回再生されているが、1.3万の高評価に対して14万の低評価がつけられており、到底、世間の支持を得ているとはいえない状態だ(11月7日時点)

 

 

事の発端は2019年9月に遡る。実姉が勤めていたタピオカドリンク店のオーナーと給料の支払いを巡ってトラブルに発展。話を聞きつけた木下はインスタグラムでオーナーに対し「弁護士たてて、法的処理、いくらでもできるから。これからの出方次第でこっちも事務所総出でやりますね」「いい年こいたばばあ」などと侮辱的な表現を含む“恫喝DM”を送信した。

 

その後、木下は謝罪し芸能活動を自粛。20年7月に芸能活動を再開するが、わずか5日後に所属事務所から契約を解除された。“恫喝DM”に加え、不倫疑惑など素行の悪さが原因とされていた。

 

芸能界引退後、そのタピオカ店オーナーが起こしていた民事訴訟の判決が先月27日、東京地裁で下された。賠償金額こそ40万円と少なかったものの、木下の“脅迫行為”はほぼ全面的に認められた格好だ。

 

その翌日に、自身のユーチューブチャンネルを開設し初動画で涙ながらに謝罪し、芸能活動の再開も宣言したというわけだが、木下が活動再開を急ぐ理由は別にあるという。木下は「タピオカ裁判」以外にもう一つ訴訟を抱えているのだ。

 

 

タピオカ店の件が判明した当時、木下は美容フェースマスクのイメージモデルを務めていた。販売元の化粧品会社はイメージを損なわれたと東京地裁に約3億円の損害賠償を求め裁判を起こしています。

タピオカ店の件は木下のほぼ全敗だが、こちらは3億円とは言わないまでも、商法の原則にのっとり最低でも億の違約金や損害賠償が認められる可能性が高いわけです」(芸能関係者)

 

現在、アパレルのモデルやインスタグラムの広告で2000万円近い収入があるとされる木下だが、化粧品会社から多額の違約金を請求されたら、さすがに厳しいようだ。

 

起死回生のセクシー路線

 

そこで囁かれているのが、女優やモデルとしての復活と同時に、“セクシー路線”進出説。

写真集の企画が浮上していると言われています。ギャラ次第では何でもありという可能性も高いようです」(前出の芸能関係者)

一方、木下の本音はもちろんテレビ界への復帰だというが、もはやそれは絶望的。

 

正直、需要がない。引き取る芸能プロもありませんよ。木下はスキャンダルの時限爆弾みたいなところがある。今回の芸能界復帰も子供のためと言いながら実際はJ1湘南ベルマーレ所属の三幸秀稔選手とラブラブ交際中。

 

子どもをほったらかして男に夢中というイメージが付いてしまった。完全なマイナスです」(キー局関係者)

そもそも、木下の官能路線にも本当に需要があるのかも含め、本人の希望と反して、復帰は前途多難である。

 

<この記事を読んでる方は下の記事も読んでます>

 

【浜崎あゆみ】緊急搬送されてアナフィラキシーショックと診断

 

【劇団ひとり】東京五輪のギャラ告白 意外すぎる金額にビックリ

 

【芸人クマムシ】の現在 2015年に流行語大賞 現在は富山県

 

 

(Visited 20 times, 1 visits today)
タイトルとURLをコピーしました