【情報漏洩】映画みたいな話 暴力団に捜査情報提供 神奈川県警

スポンサーリンク

こんにちはカリアゲです。

 

 

 

 

捜査情報を暴力団関係者に漏らしたなどとして、神奈川県警は10日、捜査2課の男性警部補(45)を懲戒免職とした。

発表などによると、警部補は昨年1月中旬、指定暴力団稲川会系の組幹部に対し、恐喝事件の関係先として組事務所の捜索に入る日付などを漏えい。

 

2015年9月頃には、偽計業務妨害事件の容疑者だった同会系の別の暴力団関係者に捜査情報を教えた。警部補は「事件捜査のために(暴力団側との)関係性を継続したかった」と話しており、県警は地方公務員法(守秘義務)違反容疑でも調べている。

警部補はこのほか、飲食店のサービス内容などを調べる「覆面調査員」として、禁止された副業を行うなど5件の不祥事に関わっていた。

 

 

最近では佐賀県でもあった

 

暴力団関係者に捜査情報を漏らしたとして書類送検された佐賀県警の30代男性巡査長について、佐賀地検は8日までに、地方公務法(守秘義務)違反罪で起訴した。起訴は3日付。県警によると、巡査長は休職した。

 

 

起訴状によると、巡査長は3月22日午後3時40分ごろ、暴力団関係者に対し、別の暴力団関係者の車を押収する予定があることを教えたとされる。
県警監察課は「厳粛に受け止め、全職員への指導や業務管理を徹底して再発防止に努める」としている。

 

やはり警察官でも人間。金で情報提供したり普通に仲良くなったりはあると思います。恐らく氷山の一角にすぎないと思う。

 

<この記事を読んでる方は下の記事も読んでます>

 

【フワちゃん】ギャラ交渉の仕方を公開 仰天すぎてツッコまれる

 

【すれ違い感染】コロナの感染経路 接触感染より空気感染に注意

 

【山健組】神戸山口組から離脱 新たな抗争の恐れ

 

 

(Visited 79 times, 1 visits today)
タイトルとURLをコピーしました