【へずまりゅう】コレコレの動画で復活 朝倉未来とのやらせを告白 

スポンサーリンク

こんにちはカリアゲです。

 

 

生粋の悪童なのか。窃盗や威力業務妨害などの罪に問われた元迷惑系ユーチューバーのへずまりゅうこと原田将大被告(30)が懲役1年6月、保護観察付きの執行猶予4年の有罪判決が出た27日、早くもユーチューブでの活動再開を予告した。

 

 

原田被告は判決が出てから約10時間後、暴露系ユーチューバーのコレコレの番組に登場した。撮影日は7月6日で、コレコレが広島に行き、判決前の原田被告を直撃した内容だ。

 

原田被告はコレコレと対面するや、いきなり担ぎ上げ「早く復活してえ! 1年ぶりのカメラ。てめえら久しぶりやのう!」と迷惑系ユーチューバー時代に凸を繰り返していたハイテンションで登場。

 

公判では号泣し、反省していたハズだが、「自分の涙はヨダレと一緒なので」と言ってのけた。

今後について、原田被告は「どこへいっても顔バレする。履歴書を出しても50、100社落ちている。今はラーメン屋で働かせてもらっているけど、(心配する)親には無視して、(判決後は)東京に戻ります。ユーチューブに戻ります」と再びユーチューバーとして、活動を再開すると宣言した。

 

コレコレから「全く反省していません」と突っ込まれると原田被告は「反省ぜろ~」とおどけてみせる場面も。

 

最後は滝修行を終えると「日本の迷惑系ユーチューバーを駆逐しますよ。悪い奴は許さん」とシャウトした。保護観察付きの執行猶予の身で、どこまで暴れ回るつもりなのか。

 

 

立花孝志党首(54)が再起を後押しするメッセージを寄せた

 

この日、NHK党の定例会見で立花氏は「本人とは連絡を取っている。ユーチューブか何かではなく、新しいことをやっていきたい意向がある。執行猶予がついたので控訴しないと思う」と話した。

 

立花氏は昨年の都知事選に立候補した際、原田被告を街頭演説でマイクを持たせるなど、親交がある。

立花氏はかねて原田被告が迷惑系ユーチューバーで暴走していることに救いの手を差し伸べたいとしていた。

病気の一種で、ユーチューバーとして過激な動画を出したい、やたら数字が気になる。僕もなりかけた。これはユーチューブだけでなく、ニコ生(ニコニコ生放送)の配信者もそう。

どうしても再生数が欲しいと警察ざたを起こす。彼自身も相当深く反省しているようなので、彼なりの人生を歩んでくれると確信している」と立花氏は原田被告の更生にエールを送った。

 

動画でやらせを告白している。

 

<この記事を読んでる方は下の記事も読んでます>

 

【硫酸男】詳細判明 25歳の男を指名手配 白金高輪駅の事件で
【梅宮アンナ】ある高級店を猛批判 人様から何万も取って態度が…

 

【異物混入ワクチン】納入されたのは日本だけ?製薬会社が声明

(Visited 814 times, 1 visits today)
タイトルとURLをコピーしました