ファイザーワクチン追加接種で抗体増加 スペインの王女コロナで死去

スポンサーリンク

こんにちはカリアゲです。

 

 

(CNN)米ファイザーと独ビオンテックは16日、両社が共同開発した新型コロナウイルスワクチンの追加接種により、抗体が明らかに増える効果が得られたとする初期データを、米食品医薬品局(FDA)に提出した。

 

データによると、ワクチンを2回接種した人に比べ、3回目を打った人は新型ウイルスの従来株とデルタ、ベータ変異株のすべてに対し、同じように高い抗体反応を示した。

 

両社はこれに基づき、2回の接種が完了してから6~12カ月のうちに追加接種することで、高い予防効果を維持できる可能性を指摘した。

ビオンテックのシャヒン最高経営責任者(CEO)は、3回目の接種で予防効果が2回接種後よりさらに高まるとも考えられ、接種した人の感染、発症率を下げて変異株の感染拡大を抑える助けになり得ると強調した。

 

FDAと米疾病対策センター(CDC)は先週、一部の免疫不全患者を対象としたワクチンの追加接種を承認していた。

 

ファイザーとビオンテックは近く、この初期データを欧州医薬品庁(EMA)などの規制当局にも提出する方針。米国ではワクチンがFDAの正式な承認を得た後、その付帯項目として、16歳以上を対象とした追加接種の承認を申請するとしている。

 

スペインのマリア・テレサ王女が新型コロナウイルスに感染して死亡

 

(CNN) スペインのマリア・テレサ王女が新型コロナウイルスに感染して死亡した。86歳だった。シクスト・エンリケ王子が明らかにした。世界の王族で新型コロナウイルス感染による死亡が確認されたのは今回が初めて。

 

マリア・テレサ王女はブルボン・パルマ家の一員で、スペイン国王フェリペ6世の親戚にあたる。王女は26日、パリで亡くなった。葬儀はマドリードで27日に行われた。

フランス当局によれば、29日時点でフランスでの新型コロナウイルスによる死者は2606人。感染が確認されたのは4万174件だった。

王族では、英国のチャールズ皇太子も新型コロナウイルスの検査で陽性と診断され、その後、自主隔離を行っている。

 

<この記事を読んでる方は下の記事も読んでます>

 

 

ジャニーズ事務所名誉会長メリー藤島さん死去、93歳

 

【雨上がり決死隊】やはり圧力があった大崎会長の発言と加藤浩次

 

「雨上がり決死隊」が解散 コンビを続けるのは難しい状況

 

 

(Visited 71 times, 1 visits today)
タイトルとURLをコピーしました