ハイチ大統領暗殺。謎の襲撃集団とハイチの治安

スポンサーリンク

こんにちはkarisumaです。

 

カリブ海の島国ハイチのジョゼフ暫定首相は7日、モイーズ大統領が自宅で奇襲を受けて暗殺されたと発表した。

 

大統領夫人も負傷し、病院に搬送されたという。  ジョゼフ氏は「大統領は英語とスペイン語を話す外国人ら正体不明の集団に襲撃されに暗殺された」と説明。国民に対し、警察や軍が安全確保に努めるとして、冷静でいるよう呼び掛けた。

 

まだまだ情報が少ないがわかり次第追記していきます。

 

最近ハイチの首都で暴力沙汰が頻繁している。

 

 

ハイチの首都ポルトープランスでは、一部の地域で銃撃や放火などの暴力沙汰が相次いでおり、援助団体によれば、1万人超の市民が自宅から避難したり、危険な地域に取り残されたりする事態となっている。

 

最近では先月29日夜、連続して殺人事件が発生し、同国政府の発表によるとジャーナリストや活動家などが殺害された。

 

同国政府は「憎むべき行為と、ハイチの人々のあらゆる階層で、苦しみと悲嘆の種をまく盲目的な暴力を強く非難する」との声明を発表し、殺人犯を司法の裁きにかけるよう国家警察と法務省に指示したと述べた。

 

国連人道問題調整事務所(OCHA)によると、推定95組の武装犯罪組織の間での犯罪行為や縄張りをめぐる争いが首都で「広範なパニック」を引き起こしているという。

 

同組織によると、武装したグループは地元警察を標的とする他、障害のある人々が暮らすキャンプや一般市民の住宅のある区域に火を放っている。

 

6月だけでも暴力沙汰によって推定1万3600人の住民が自宅から避難する事態となっており、ギャングの活動によって避難を強いられた人々の数は過去9カ月間の3400人から大幅に増加している。

 

 

首都を拠点に活動する国連児童基金(ユニセフ)の代表者ブルーノ・マース氏はCNNに対し、同基金は女性や子どもたちから、武装グループによって自宅が燃やされたとの「数百もの」証言を集めたと説明。

 

抗争によって援助団体は教会や公共の施設で保護されている多くの避難家族と直に接触することが妨げられていると話した。

 

95組の組織あるなら暗殺の件はその組織の中の連中ではないのか?

大統領の暗殺ですから、生きてたら都合が悪いんでしょうね。9月にぐらいに選挙もあるそうですからね。

 

この記事に対してのコメント

 

対立勢力が放った部隊なのでしょうが、
国際社会は正当な選挙を経て選ばれた大統領でないと
決して認めないと思います。

 

発展途上国ってこういう大統領暗殺事件がちょくちょく起きるよな。
古くはコンゴのルムンバ大統領とか。
つくづく日本という比較的治安のいい国に生まれてよかったと実感する。

 

日本も90年前までは515とか226事件とかあったからなあ。
そんなに昔のことではないよ。

大事なのは逆戻りしないこと。
世界的に民主主義が停滞し、軍政や一党支配が台頭しつつあるのが気になる・・

 

クーデター未遂事件があってから、数ヶ月。
とうとう反政府側が成功させた、というべき。
以前から大統領への不満分子がデモを行っており、日本で報道されないから知らないだけで。
いつこうなっても、おかしくない状態だったと思います。
追記
国連平和維持軍の撤退と治安の悪化
2017年10月に国際連合ハイチ安定化ミッションを終了し、アリスティド追放以来駐留していた国連平和維持軍が撤退。これにより治安が再び悪化。
首都ポルトープランスでもギャングが徘徊し、民家に押し入って乱暴し、たまりかねた市民が区役所の中庭などに避難する事態となった。ギャングたちは市内で我が物顔に行動しており、公式には否定されているものの、政権及び反政権の政治家との癒着が噂されている。

2020年にはギャングによる誘拐事件が日常茶飯事となり、国連の発表では前年比3倍に当たる234件が発生。しかし人権保護団体では実数は796件が発生したものと推測している。

日本ってほんとに平和ですよねー日本生まれてよかったと感謝して記事を書いていきます。
いつも読んでくださってる方本当にありがとうございます。
<この記事を読んでる人は下の記事も読んでます>
(Visited 192 times, 1 visits today)
タイトルとURLをコピーしました