【郵便局】でコロナ感染爆発か 全配達員感染で配達業務機能せず

スポンサーリンク

こんにちはカリアゲです。

 

 

日本郵便は11日、長崎県佐世保市の佐世保郵便局で新型コロナウイルスのクラスター(感染集団)が発生し、これまでに約6万通の手紙やはがきを配達できていないことを明らかにした。

 

全配達員74人が感染者か濃厚接触者に該当し、出勤できなくなったためで、配達業務が正常に戻るのは、今月末から10月初旬になる見込み。

同社によると、佐世保郵便局では今月8日時点で配達員12人の感染が確認され、残る62人も濃厚接触者と認定された。新型コロナの影響で郵便局の配達員全員が出勤できなくなるのは全国で初めてという。

 

10日からは市中心部宛てのゆうパック、ゆうメールなどの引き受けを停止。現在、熊本市の日本郵便九州支社や近隣の郵便局の計14人で書留や速達を優先して配っている。自宅待機中の配達員全員が出勤できるのは21日の予定。

日本郵便は「誠に申し訳ない。職員の出社後、郵便物を少しでも早く配達できるようにしたい」としている。

 

コメント

誰が感染してもおかしくない状況なので感染された方の早期の回復を祈るばかりですが、郵便局からの公表はもっと迅速に出来なかったのでしょうか?
当初は事業所クラスターとの発表のみで、数日経ってから”郵便局”との公表でした。
クレームの電話も入っていると聞きますし、今日配達をされていた方は慣れない様子でとても大変そうでしたが、市民の理解を得るためにも早期の発表は必要だったように感じます。
この郵便局ではない方々が代わりに配達を行なっているのですね。
その土地に慣れていない方の配達は大変でしょう。
本当にご苦労様です。ありがとうございます。
佐世保市や日本郵便は、代わりに配達を行なっている方々にしっかりと報奨をしてあげてほしい。
根本的な原因は、人手不足であると言う事なのです。実際に動く社員は、アルバイトや嘱託社員、中元、歳暮時の繁忙期だけの社員ばかりであり、そのクラスの社員が動けないと、配達に不慣れな管理職ばかり、ほぼ使えない人ばかりなのです。郵便物によっては、重要な裁判所などが関わる「送達」の郵便物は関わる人物のその後の人生までも左右するものもあるのですが、大丈夫でしょうか。

 

 

 

<この記事を読んでる方は下の記事も読んでます>

【加藤浩次】新型iPhoneにクレーム ネットではよく言ったと歓喜

 

【たけし】襲撃の時のことを語る 襲った男は芸能界に入りたかった…

 

【オオサンショウウオ】ブームが来るか?ぬいぐるみが売れる?!

 

(Visited 136 times, 1 visits today)
タイトルとURLをコピーしました