【和田アキ子】眞子さまのPTSDで自身もPTSDと告白 

スポンサーリンク

こんにちはカリアゲです。

 

 

歌手でタレントの和田アキ子(71)が3日放送のTBS「アッコにおまかせ!」(日曜前11・45)に生出演。

 

大学時代の同級生小室圭さん(29)と26日に結婚する秋篠宮家の長女眞子さま(29)が「複雑性心的外傷後ストレス障害(PTSD)」を公表したことを受け、自身のPTSDを告白した。

 

 

宮内省は1日、2人が26日に結婚することを正式発表。同じ日に2人は記者会見を行う。眞子さまは婚姻届を提出した後、皇籍離脱して民間人となり、小室さんが生活拠点を置く米国へ移られる見通し。

 

 

 

宮内庁は、眞子さまが自身と小室さんの家族を巡る誹謗(ひぼう)中傷を感じ「複雑性心的外傷後ストレス障害(PTSD)」の状態にあると明らかにした。同庁によると、小室家の金銭トラブルを巡る批判を考慮し、皇室の慣例儀式を実施せず、結婚に伴い国から支給される一時金も、眞子さまの辞退の意向を踏まえ、不支給とする。いずれも前例はなく、女性皇族の結婚としては、異例の対応となった。

 

和田は眞子さまのご病気の公表に「びっくりしました」と眞子さまを気遣いつつ、「私も全然違うことですけど、PTSDで。私事ですけど」と告白。

 

昼間に横断歩道で車にはねられて、横断歩道を渡れなくて、だから、横断歩道を渡るときは人が少ない時は待って、いっぱいなった時に真ん中を渡るって」と明かした。

 

眞子さまの場合、精神的に小室さんのことでお悩みになったと思うから、もっとつらかったと思います。私は表出なきゃいいから」とおもんばかった。

 

今回の病気公表は「発表してもらって良かったですね。ちょっとは収まったんじゃないですか?みなさんの誹謗中傷っていうか」と見解を示した。

 

 

一時帰国した小室さんの髪型についても言及。和田は「何はともあれ、髪型とかは文句言えない。各々好きに(してもいい)」としつつも、「日本国民に眞子さまのご主人になる方だ!って、良かったな、応援してあげたいなっていう感じがある。ちょっとポニーテールってどうかなと個人的には思う」と私見。

 

なんかみんなで応援してあげたいな、どうぞお幸せにって。だから、どうやって出て来られるか」と続けた。

 

PTSDとは?

 

PTSD(Post Traumatic Stress Disorder :心的外傷後ストレス障害)は、死の危険に直面した後、その体験の記憶が自分の意志とは関係なくフラッシュバックのように思い出されたり、悪夢に見たりすることが続き、不安や緊張が高まったり、辛さのあまり現実感がなくなったりする状態です。

PTSDは決して珍しいものではなく、精神医療においては「ありふれた」病気のひとつであると言えます。

生死に関わる体験をすると、多くの人には不安、不眠、動悸などの症状が生じますが、多くの場合は一過性です。またフラッシュバックのような症状が生じたとしても、数ヶ月のうちに落ち着く人が少なくありません。

 

しかし時間が経っても楽にならなかったり、かえってますます辛くなることもあります。また、数ヶ月から数年間経ってから、PTSD症状がはっきりとしてくる場合もあります。つらい症状が続いているときは、専門機関に相談しましょう。

 

<この記事を読んでる方は下の記事も読んでます>

 

【佳子さま】皇室対する本音 皇室から出たい 出るためなら結婚

 

【ヒコロヒー】番組のせいで交際してた相手と破局 元カレに借金も

 

【長谷川京子】の別居は夫の不倫?夫は独身時代はモテモテ男

 

 

(Visited 147 times, 1 visits today)
タイトルとURLをコピーしました