千原ジュニア【特発性大腿骨頭壊死症】で手術 どんな病気?

スポンサーリンク

こんにちはカリアゲです。

 

 

 

お笑いタレント・千原ジュニア(47)が17日、YouTubeに動画を投稿し、特発性大腿骨頭壊死症で15日に手術を受けると公表した。

 

14日に入院し、病室のベッドで自撮りした動画が公開された。過去に急性肝炎やバイク事故で生死をさまよったジュニアは、自身「7回目の入院」に、「コロナ渦で誰も面会に来れません。本当に一人きりで入院。入院食、本当に楽しみで、本当の孤独のグルメをお届けできるのでは」と実際に昼、夜ご飯を笑顔で紹介する映像も盛り込んだ。

 

ジュニアは「発症したのが一昨年の10月ぐらい」と説明。最初は「ちょっと右の股関節が痛いな」と感じたという。

 

さまざまな検査を受け、MRI検査で難病の特発性大腿骨頭壊死症と診断された。

当初は薬などで痛みをちらし、一時は進行が止まっていたというが、「だいぶ痛みも出てきて」足を引きずるほどに。

 

睡眠中も「けっこうな痛み」で、「毎日寝てても4、5回起きる生活」が続いた。「そのストレスとか考えたら」と手術を決意したという。

 

壊死した大腿骨に人工関節を入れる手術で、1週間ほど入院することになる。

30年近く前ですかね。肝臓(の病気)で1、2カ月入院して、26歳の時にバイク事故で5カ月くらい入院しました」と急性肝炎で意識を失い、入院したこと、2001年にバイク事故で生死をさまよったこと、さらに「涙腺が狭窄(きょうさく)」し、管を通すために約1週間入院したことなど、「人生で6回」手術したことなど、自身の“手術史”をさらりと振り返り、今回の手術が1時間半から2時間程度で済むと聞き、「そんなくらいの短い手術時間なんやと思うてます」と笑顔も見せていた。

 

特発性大腿骨頭壊死症とは?

 

特発性大腿骨頭壊死症とは、股関節にある大腿骨頭の血流が悪くなることによって、骨頭が壊死する病気です。 一度壊死した骨頭は元には戻らず、壊死した骨が骨折したり骨頭が潰れたりすることによって、股関節が痛くなったり、歩けなくなったりします。

 

 

大腿骨頭壊死とは 病気やケガのために骨に血液が十分に流れなくなると、骨の細胞が死に、骨が衰えていきます。 骨が衰えていくにつれて、周囲の軟骨が劣化するようになり、痛みやその他の症状が発生します。 このような状態は骨壊死と呼ばれ、大腿骨(太ももの骨)の上端部で最も多くみられます。
大腿骨壊死 なぜ?
大腿骨頚部骨折などの大腿骨頭への血流が変化してしまう外傷、放射線治療、減圧症(潜水の後に血管内に気泡が生じる病気)などがある。 そのほかに特発性大腿骨頭壊死があり、多量長期間の飲酒、副腎皮質ステロイドの大量使用、狭義の特発性(原因がわからない)の3つがあると考えられている。
治療方法
治療法は年齢、内科的合併症、職業、活動性、片側性か両側性か、壊死部分の大きさや位置などを考慮して決定します。

(保存療法)
壊死部分の大きさや位置から予後良好と判断できる場合、あるいは症状がない場合は保存療法を行います。具体的には、杖・松葉杖などを使って、痛みの生じている股関節にかかる負荷を減らします。また痛みが強い場合は消炎鎮痛薬(痛み止め)を併用します。しかしながら、これらの方法では壊死の進行防止はあまり期待できないのが現実です。

(手術療法)
自覚症状があり壊死の進行が予想されるときは速やかに手術適応を決定します。手術方法は、当院では人工骨頭置換術・人工股関節置換術を行っています。これは、壊死した大腿骨頭を人工物に置き換えたり、あるいは股関節そのものを人工の関節に置き換える手術です。
この手術の利点は、手術後早期に歩くことが可能であり、入院期間は約3週間で、歩いて退院できます。よって若年者においても早期に社会復帰が可能となります。ただし人工物自体の耐久性は20年程度と言われており、将来再置換術(人工物を入れ替える手術)が必要になることもあります。患者さんにとってはこの再置換術がネックになるようで、再置換術を必要としないであろう年齢(60-70代)まで、痛みに耐えながら生活することを選択する患者さんも以前までは多かったようです。
しかし最近は、人生の中盤の時期に痛みに耐えながら生活をするよりも、再置換術の可能性は受け入れた上で、手術をして痛みから解放され、人生を謳歌する事を選択する患者様も増えてきています。
また、ステロイド薬が原因の特発性大腿骨頭壊死症の場合、股関節だけではなく、膝にまで壊死が及ぶ患者様も存在します。そのような患者様に対して、当院では股関節は人工関節に置き換え、そのときに摘出した骨(大腿骨頭)の正常部分を膝に移植することで、股関節と膝を同時に治療する方法も行っています。一度に多くの関節を治療できるため、早期に社会復帰が可能となります。
<この記事を読んでる方は下の記事も読んでます>
(Visited 64 times, 1 visits today)
タイトルとURLをコピーしました