【新生児】草むらに捨てられる しかし野良犬が12月の寒さから守る

スポンサーリンク

こんにちはカリアゲです。

 

 

我が子をいとも簡単に遺棄してしまう親は世界中であとを絶たないが、このほどインドで草むらの中からへその緒がついたままの新生児が発見された。

 

幸いにもそばには野良犬と数匹の子犬が寄り添っていたことで、新生児は12月の冷え込む寒さから命を救われたという。『The Mirror』『austonia』などが伝えている。

インドのチャッティースガル州ムンゲリ地区の村で今月中旬、草むらの中で新生児の女児が見つかった。へその緒がついた状態で服も着せられていなかった女児は、どうやら発見された前日に誕生してすぐに捨てられたとみられている。

 

 

インドは年間を通して比較的温暖な気候であるものの12月の夜ともなれば気温が下がり、生まれたばかりの新生児にとってその寒さは命取りになることもある。

 

 

ところが女児のそばには野良犬と数匹の子犬が寄り添っていたことが分かっており、この犬の母子が寄り添っていたことにより女児は寒さから身を守ることができたようだ。

 

発見当時

 

女児は一晩を犬たちと過ごし、夜が明けた後に地元の代表者マンナラル・パテルさん(Munnalal Patel)に泣いているところを発見されたという。マンナラルさんは、当時のことをこのように振り返っている。

 

 

元記事から引用

 

 

 

 

 

朝の11時頃、私たちの村で、生まれたばかりの女の子が子犬と一緒に泣いて横たわっているのを見つけたのです。

また他の村人も「野良犬は凶暴であるため、赤ちゃんが一晩生き延びることができたことは奇跡だ。本当に運が良かったとしか言いようがない」と語っており、女児が生きて発見されたことは奇跡だと口々に話している。

 

 

元記事から引用

 

 

女児は連絡を受けた警察によって地元の病院で診察を受けており、幸いにも怪我などなく健康な状態だったそうだ。そしてのちに地元の児童保護団体「Child Line Project」に託され、アカンクシャ(Akanksha)と名づけられた。地元の警察では現在、女児を捨てた人物について捜査を行っている。

 

 

 

参照記事

Newborn survives night 'thanks to litter of puppies keeping her warm'
The baby girl was discovered uninjured in a field in the village of Lormi in India's Chhattisgarh province, nestled alongside the puppies, by locals who heard h...

 

<この記事を読んでる方は下の記事も読んでます>

【ビビアン・スー】不倫騒動に巻き込まれる?本人は完全否定

 

【携帯番号090】オークションで高値で取引される なぜ? 

 

【人気ラーメン屋】襲撃でガラス粉々に 店内もボロボロなぜ? 

 

(Visited 21 times, 1 visits today)
タイトルとURLをコピーしました