【中田翔】巨人へ 会見で反省 栗山監督は野球はやるべき

スポンサーリンク

こんにちはカリアゲです。

 

巨人は20日、日ハム・中田翔内野手(32)をトレードで獲得したと発表した。トレードの交換要員はなし。

 

 

8月末のトレード期限を前に、巨人が中田獲得という大きな決断を下した。日本ハムで暴行問題を起こし、現在、同球団から1、2軍全試合出場停止処分を受けている中田に再起の手を差し伸べる形となった。

 

背番号は「10」に決まった。巨人の背番号「10」は長年、阿部慎之助(現2軍監督)が着けていた。今年は新外国人のスモークが継承したが、米国での家族との時間を大切にしたい本人の意向でシーズン途中に退団し、空き番号となっていた。

 

中田はこの日、都内の巨人球団事務所で記者会見に臨んだ。

 

会見の冒頭で「今回、本当に皆さんに迷惑をかけてしまったこと、本当に反省しています。本人にももちろんそうですし、ファンの皆さんに対しても裏切ってしまったということに対して、すごく後悔だったり、本当に反省しています。すみませんでした」と深々と頭を下げて謝罪の言葉を述べた。

 

中田は4日のエキシビションマッチ・DeNA戦(函館)の試合前、アップ後のベンチ裏で複数の選手が居合わせる中で、同僚一人に突発的に腹を立てて手を出した。事態を重くみた日本ハム球団は即座に自宅謹慎を命じ、11日には1、2軍全試合の出場停止処分を科した。

 

栗山監督は中田翔は野球はやるべき

 

その後、栗山監督は16日にこの問題について私見を披露。「彼の人生にとって野球はやるべきだと思っている」と再出発の機会を与えたい親心を見せつつも

 

何となく感じているのは、正直、このチーム(日本ハム)では難しいかなと、ちょっと思っていて」と日本ハムのユニホームを着てのプレー続行は難しいとも打ち明けていた。

 

日本ハムは同日、野球協約第60条(1)項を適用してコミッショナーにより「出場停止選手」として公示していたが、20日をもって処分解除になると発表した。

 

中田は今季、不振や腰痛に悩まされて打率1割9分3厘、4本塁打の成績にとどまっているが、昨年はキャリアハイの31本塁打をマークしていた。

 

コメントまとめ

 

チームメイトに対して暴力を振るったことは、理由を問わず全面的に中田 翔に非があるが、そこへ至るまでに積み重ねられたであろう事柄に、大きな疑問があった。栗山英樹監督が、残留に否定的な発言をしたことも含めてだ。それらを考えれば、もっと早い段階から北海道日本ハムは中田の移籍先を模索していたのだろう。表面的なイメージだけでは、なぜ巨人が無期限謹慎期間中の選手を獲得するのかということになる。だが、今は中田 翔という選手が新天地でどんなパフォーマンスを見せてくれるのか、という点だけを注視したいと思う。
今思えば、栗山監督が「このチームでは無理かも」とコメントした頃には、無償トレードがほぼ決まってたのでしょう。ただ「可能性として一番ないのが巨人」。紙面ではあれこれ書かれていても、実際の現場ではそうした見方がほとんどでした。それだけ巨人がコンプライアンスに厳しい球団だからです。にもかかわらず手を差し伸べたのは、他ならぬ原“全権”監督の意向があったと見るべきでしょう。いわば「全部」引き受けて迎える。そんな正面突破が出来るのも、原監督だったからこそです。今季で勇退も囁かれている原監督の次なる狙いはGMです。中田獲得が成功すればGM就任に大きな弾みになりますし、なにより今季、もうひとつインパクトの乏しいチームに刺激を与えることにもなる。おそらくは猛反対の本社、球団幹部を説得してでも「我が巨人軍だから手を差し伸べるべき」などと考えたと推察できます。
巨人ファンだけどびっくりした。

ただ、現状12球団の監督を見た時に中田の手綱を握れるのは確かに原監督くらいしかいないと思う。
それに坂本、岡本、丸って実力者もそろっているから中田がお山の大将でいられる事はないし、少しでも結果が出なかったり、怠慢プレーをしようものなら容赦なく外されるから気を抜く事も出来ない。
本人が心を入れ替えて1から出直すっていう意味では適した環境なのかもしれない。

でもやっぱびっくりした。笑

<この記事を読んでる方は下の記事も読んでます>

 

【伊東美咲】女優復帰に意欲12年ぶりに地上波 ネットで様々な意見

 

 

(Visited 771 times, 1 visits today)
タイトルとURLをコピーしました