小山田圭吾の事務所の社長が語る言い訳。小山田の女性関係も浮上

スポンサーリンク

こんにちはカリアゲです。

 

小山田圭吾(52)の所属事務所の代表を務めるO氏。フリッパーズ・ギターのディレクターや、コーネリアスのマネージメントも務めてきた、いわば小山田の長年の“盟友”だ。

 

「この件の全責任は小山田にあります。だから彼も私も、弁明も言い訳もしません」

と事務所社長は語っていた。

 

多くの関係者が開会式前に去っていった東京五輪。そのなかでも開会式の作曲担当者だった小山田の辞任は衝撃的だった。

 

テレビでは流せない内容

 

《全裸にしてグルグルに紐を巻いてオナニーさしてさ。ウンコ喰わした上にバックドロップしたりさ》(『ロッキング・オン・ジャパン』’94年1月号) 障害のある同級生らへの“虐待行為”を複数の雑誌へ武勇伝として語っていた過去について、世界中で批判の声が上がったのだ。

 

社長のインタビュー

 

五輪開会式直前、本誌はO氏に直撃取材を試みた。 複数の雑誌で同級生への虐待を告白していますが、なぜいままで謝罪しなかったのですか? 「(誌上での)発言が全部本当なのかといえば、必ずしもそうではなく……」 なぜ“過去”を封印して、五輪開会式の作曲担当という大役を受けたのですか?

 

 

“封印”していたわけではありません。ただ、この五輪の仕事は(本人も)あまり乗り気ではなかったんです。私も本来は引き受けるべきではなかったと思います

 

事務所社長は「実は私も開催に賛成していません」 名誉な仕事”だという認識は特に持っていなかったということでしょうか? 「いまでも五輪に反対する人が多数派です。実は私も開催に賛成していません。小山田自身がどう考えているのかは、本人の口からは聞いていませんが……

 

イヤだったのならば、なぜ引き受けたのでしょうか? 「そういう状況になってしまっていて……

小山田さんは被害者に謝罪すると発表していますが? 「すでにお詫びしました。とりあえず(被害者に)小山田の反省を伝えています。ただ詳しいことは申し上げることができません」 “弁明も言い訳もしない”と言いながらも煮え切らない言葉を繰り返すO氏。

 

小山田さんの過去の発言は、海外でも報道されていますが、会見はしないのでしょうか? 「五輪の件も辞任しましたし、いますぐに会見というのは無理です。事態が鎮静化して、次の機会でもあれば……。あとは私が業界関係者にお詫びして、騒ぎが収束していけば、ありがたいのですが」 “次の機会”とはどのようなタイミングなのだろうか? 関係者への謝罪はO氏に任せ、ひたすら騒動の鎮静化を待っているという小山田の姿勢からは反省の意思は伝わってこなかった。

 

女性関係もかなり常識外れだったようだ。

 

小山田は2000年にミュージシャンの嶺川貴子と結婚し、長男の米呂(まいろ)をもうけている。しかし12年、米呂が中学に進学するタイミングで離婚。離婚理由については嶺川が「気持ちのすれ違いが重なった」と話しているが、当時、小山田には不倫のウワサもあったという。

 

小山田の元妻の嶺川は、『フリッパーズ・ギター』時代に小山田の相棒である小沢健二と付き合っていたんです。

 

一方、小山田は小沢とも絡みのある歌手のカヒミ・カリィと交際。メンバー同士複雑な女性関係でしたね。同グループが解散したとき、当時アイドルだった渡辺満里奈を取り合ったのが原因とウワサされましたが、あながち間違ってはいなかったと思いますよ。

 

小沢の楽曲『アルペジオ』の歌詞には〝僕の彼女は君を嫌う 君からのファックス隠す雑誌記事も捨てる その彼女は僕の古い友と結婚し 子ども産み育て離婚したとか聞く〟という歌詞があり、2人の女性関係を綴ったものといわれていますと(音楽ライター)

どんどんメッキが剥がれていく小山田圭吾

小山田の女性関係に、ネット上では

 

バンド内ではよくあることなのかもしれないが、女関係もグタグタだったんだなぁ。そもそも最初からまともな倫理観など持ち合わせていなかったのかもしれないね

付き合う彼女も身内で回してるのか? マジでしょーもないわ

小山田がオザケンの彼女を略奪婚したってことかな。何から何までゲスだな…

なるほど、小山田は女関係でも揉めてたのか。そりゃフリッパーズ・ギターが再結成しないのも当然だろうな

 

などといった声が寄せられている。

 

小山田の元妻の嶺川は過去のインタビューで〝義理両親の介護〟について語っている。当時、嶺川は、小山田の父が他界するまで介護していたが、その間、小山田は昼は在宅しているものの、夜はどこかに出かけていなくなり、嶺川は義母と子どもと3人で晩ご飯を食べていたという。

 

当時の夫婦関係がどのようなものだったのかはわからないが、嶺川に介護を押しつけて、それが終わった後に離婚したと取られても仕方ないだろう。

 

次から次へと露呈する小山田の過去。現在、マスコミ各社が小山田の過去の言動や行動をつぶさに調べ上げているという。19日に小山田は担当から辞任することを発表したが、炎上は収まりそうもない。この騒動はどのように収束するのだろうか…。

 

 

社長のインタビューについてコメント

超ダセェ!
言い訳が負け惜しみにしか聞こえない!

イヤなら、最初からやらなければ良い!
因果応報!
自分がしたことに対しての罰です!
親族も含め、もう無理です!

サヨウナラ!
もう2度とこの名前がメディアに出ませんように!

Q.なぜ引き受けたのでしょうか?

A.そういう状況になってしまっていて

上級国民ならではの
関係者からの推薦があったんでしょうね
実力や実績より縁故で決まった印象が強い一件でしたね

五輪に乗り気だろうがそうでなかろうが、過去の犯罪行為がなかったことになるわけじゃないけどね。

どうでもいいがなんで事務所のコメントなんだろう笑

本人はあくまで自分で説明はしたくないんだろうな。
一切悪かったとも思ってないし反省する気もないから。
マネージャーに書かせた謝罪文を流して「これでいいだろ。ガタガタうるせーな」って感じなんだろう。

小山田氏の問題点は犯罪をネタにしたこと、被害者への謝意が問題になるまで無かったこと、肉マイスターを名乗る親戚が「正義の味方の皆さん〜」とかタチの悪い擁護をしたこと。
これに尽きます。
タイトルだけを見ると「自分も被害者」と言いたげなのも、炎上に燃料をほうりこんでませんか?
<この記事を読んでる人は下の記事も読んでます>
(Visited 118 times, 1 visits today)
タイトルとURLをコピーしました