ジョジョ8部次号完結 ジョジョリオン2011年から連載10年

スポンサーリンク

こんにちはカリスマです。

 

漫画家・荒木飛呂彦氏の人気漫画『ジョジョリオン』が、8月19日発売の連載誌『ウルトラジャンプ』(集英社)9月号で最終回を迎えることが、16日発売の同誌8月号にて発表された。

『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズの第8部が、2011年5月の連載スタートから、10年の歴史に幕を下ろす。

 

同誌8月号の次号予告ページでは「約10年の連載 面白さを更新し続けた第8部が堂々と完結ッ!!」と告知。「次号、遂にジョジョリオン完結」のキャッチコピーとともに、巻末コメントでは荒木氏も「次回で『ジョジョリオン』完結します」と伝えている。

 

1987年より週刊少年ジャンプ(集英社)にて連載が始まった荒木飛呂彦氏の人気漫画『ジョジョの奇妙な冒険』。第1部は主人公ジョナサンジョースターと敵対するディオブランドーのストーリーが展開され、「人間讃歌」をテーマに、善悪を問わず恐怖を克服する精神、困難に立ち向かう勇気が描かれた。

 

2011年5月より『ウルトラジャンプ』にて連載がスタートした『ジョジョリオン』は、『ジョジョ』シリーズの第8部。S市紅葉区杜王町の新たな物語として、大震災で傷ついたこの街の海岸近く、地面が隆起して出来た『壁の目』付近で、記憶を失くした全裸の青年・東方定助が発見された。

 

肩には星型の痣と、その周りに何かに噛まれたかのような『歯型』、そして何より第一発見者の広瀬康穂を驚かせた、4つある股間の『タマ』…青年の正体は?そして彼の体から出た謎のシャボン玉とは!? 彼を取り巻くストーリーが描かれている。

 

連載終了が告知されるとネット上では「ジョジョリオンも終わりかぁ」「うおお。ジョジョリオン遂に完結か。」「ジョジョリオン完結まじか。つーかもう10年もやってたんやね」「寂しいわ…」などの声があがり、ツイッターでトレンド入りしている。

 

コメントまとめ

 

「ジョジョ」シリーズは、実は最初から人気があったわけではありません。初代の担当編集者の方に取材したときの話ですが、海外を舞台にすることがジャンプの読者層に受けづらいことを覚悟して挑み、ユニークな「波紋」のシステムも「限界がある」と考えて変更を打診、そこから「スタンド」のアイデアが生まれたそうです。

シリーズコミックスが100巻を優に超える人気作ですが、章ごとに設定が変わります。人気がないと「連載打ち切り」と隣り合わせの商業マンガにあって珍しく、後から広い層からの評価が一層高まった晩成型ですね。なお「ジョジョリオン」は4部を知る人が読むと、いろいろな意味で驚きのある作品です。

齢をとって理解力が衰えたからか、新たなスタンド使いが登場すると、たまにその能力がよくわからんくてモヤモヤすることがある。
そろそろ宇宙で眠ってるカーズが目を覚まし地球へ戻り…スタンド能力を身につけると思う️
第一部の頃から読んでるけど、ジョジョの一つの章が終わる事が記事になるような漫画になるなんて、思わなかったな。いつも掲載順は後ろの方で「ジャンプで一番好きな漫画はジョジョだ。」なんて言ったら微妙な反応だったのに。第9部も楽しみだし、ストーンオーシャンのアニメも楽しみだし、ジョジョのファンで良かった。
<この記事を読んでる人は下の記事も読んでます>

 

 

バッハ会長が菅総理と会談 東京大会は色々な意味で歴史的な大会に

 

 

池袋暴走事故 真菜さんの父親の上原義教さん、意見陳述全文

 

 

 

(Visited 31 times, 1 visits today)
タイトルとURLをコピーしました