【前澤友作】の件で青汁王子こと三崎優太氏が言及 本当に残念

スポンサーリンク

こんにちはカリアゲです。

 

 

青汁王子こと実業家の三崎優太氏(32)が、ZOZO創業者でスタートトゥデイ代表取締役の前澤友作氏(45)が発表した新たな“お金配り”企画に、「フォロワーをお金に変えようとしてるのが見え透いていて本当に残念」と私見を述べた。

 

 

三崎氏は19年に約1億8000万円を脱税したとして法人税法違反などの罪に問われ、有罪判決を受けたが、その後、“贖罪(しょくざい)”として、前澤氏と同様の手法でツイッターフォロワー180人にそれぞれ100万円を寄付する企画を行ったほか、夢を持つ若者支援を目的とした「三崎優太 若者のみらい応援基金」を設立したことでも話題となった。

 

その三崎氏が25日、マイホームを建てる計画のある人を対象に現金10万円をプレゼントするという前澤氏の新企画にツイッターで言及した。 この企画には一部から「生活困窮者に配布すべき」などといった批判的な意見も寄せられているが、前澤氏は突っぱねている。

 

三崎氏は「ちょっとこれはどうなんだろう。寄付って困ってる人にするものなんじゃないの? コロナの背景もあって生活に困ってる人が多い中、期待してしまう人がいるのは当然だと思う。これから家建てる人に10万円配りますって、ただの見込み客集めのキャンペーンにしか見えないし、それはみんな怒ると思う

 

とし、「配る人の自由といえばそれで片付けられるのかもしれないけど、僕はフォロワー(応援してくれる人)は大切にするべきだと思う。これまで寄付と言い続けてた人が、平気で生活に困ってる人の声を晒しちゃうのは、見てて凄く残念だった」と思いをつづった。

 

その後のツイートでは、「前澤さんにブロックされてました。指摘したツイートも削除されてるし、図星すぎて怒っちゃったのかな」と、前澤氏のツイッターアカウントからブロックされたことを報告。

 

また、「家を建てる人に10万円配る?それって世間ではただのキャッシュバックっていうんです」と指摘し、

 

フォロワーをお金に変えようとしてるのが見え透いていて本当に残念。最初から綺麗事を並べずに、企業の見込み客集めに『お金配ります』って素直に言えばいいのに」と批判した。

 

 

コメントまとめ

 

今回の件は、前澤さんが配るわけではなく、前澤さんの出資先の住宅アプリ側のキャンペーンで配るというだけみたい。

アプリに登録していない住宅会社の場合は非対象だし、登録してある住宅会社も少ない。

そもそも貰える人も少ないし、10万円以上の負担が住宅会社に行くだろうし、巡り巡って結局は住宅購入者に跳ね返る仕組じゃないの?

それを、”家を建てる人全員に前澤さんが10万円を配ります”
という風に見せかけるのはちょっとズルいよね。

自分のお金を配るのは自由なんだけど、何度も自分のお金を配る実績を作ってきただけに、今回もそれだと誤認する人は多い。
アプリ登録を条件としている今回ははっきりビジネスなわけで、ポケットマネーを配るイベントのあいまに混ぜられるとわかりにくいということはあると思う。
通常、土地を不動産屋を通して買うと不動産屋からハウスメーカー紹介しましょうか?とくる。
紹介されたハウスメーカーと契約して建築すると建築費の3%がハウスメーカーから不動産屋に紹介料として入る。
前澤の件はこれと同じでこのアプリで建築会社と契約、建築したらハウスメーカーからアプリ会社にお金が入る。
単なる前澤の金儲けの話。
それで10万円はどこから出てくるのって話だが、客が払った建築費が原資になる。
10万円が建築費に含まれてるって話。
<この記事を読んでる方は下の記事も読んでます>
(Visited 294 times, 1 visits today)
タイトルとURLをコピーしました