【キングコング梶原】メンタリストDaiGoに謝罪 なぜ?

スポンサーリンク

こんにちはカリアゲです。

 

 

22日、お笑いコンビ・キングコングが自身らのYouTubeチャンネルを更新。動画冒頭で梶原雄太が、先週投稿した動画の内容について陳謝した。

 

動画で謝罪

 

 

毎週日曜の夜に動画を投稿している『毎週キングコング』。15日に投稿された動画「この動画はいずれバズります」では、西野が運営するオンラインサロンについて、メンタリスト・DaiGoが「宗教みたい」といった旨の発言をし、SNS上で西野が反論したことについて触れた。

 

これに西野は「何も揉めてないで!」としつつ、「100%間違っているから、100%間違ってますよって言っただけです」と説明。

 

しかし、梶原はDaiGoの謝り方が「僕が悪くないよ感が出てた」とし、「その辺りはどう思っているんですか?」と際どい質問を西野に投げかけるなど、大きな盛り上がりを見せた。

 

 

そして22日の動画の冒頭では、梶原が「謝らないといけないことがありまして…」と切り出し、「メンタリスト・DaiGoさん、申し訳ありませんでした」と謝罪。

 

15日に投稿された動画は、DaiGoが生活保護受給者差別発言で炎上する前に撮影されたものであり、先週の動画について西野は「俺も思ったで、あって思った。こんなに間の悪いこと…。まぁ罪はないからね、事故やから」と、最悪のタイミングでの動画公開となってしまった経緯を改めて説明した。

 


梶原は、撮影の2日後にDaiGoが炎上したと説明し、動画のタイトルを当初「メンタリスト・DaiGoさんへ」にするつもりだったと明かす。

 

これに西野は「大アウトや。あんま炎上に便乗したみたいに思われたくないもんね」と語ると、梶原は「急遽、タイトル変えなあかん…どうしよってなって『この動画はいずれバズります』っていう、ようわからん弱いタイトルになった」と説明した。

 

西野は「一応、配慮したっていうね。もっと強いタイトルもあったんだけど」とフォローを入れると、梶原は「あんなことがあるんやな…」とこぼしていた。

 

また西野は「燃えやすそうな人の話題はしないっていう。次に燃えそうな人の話はしない(ほうがいい)」と語る。これに梶原は「タレントさんの不幸な話はしないってね」と納得していた。

 

<この記事を読んでる方は下の記事も読んでます>

 

【板野友美】に批判続出 家に引きこもりアピールするが…

 

【徳光和夫】24時間テレビで五輪選手に失礼発言 

 

【和田アキ子】宮迫博之のYoutubeでの収入に言及 1億円?!

 

 

(Visited 150 times, 1 visits today)
タイトルとURLをコピーしました