熱海で土砂崩れ、20人安否不明 住宅も巻き込み、状況は最悪

スポンサーリンク

こんにちはkarisumaです。

 

 

 

静岡県によると、大雨の影響で3日午前10時半ごろ、熱海市伊豆山地区で大規模な土砂崩れが発生した。多数の家屋が流され、住民が巻き込まれた可能性がある。

 

 

市と消防本部は、土石流が発生したと判断した。県によると、住民約20人が流されたとみられ、安否不明になっている。

家から出られない」などの通報が入っており、少なくとも十数軒が流されたとみて調べている。

県は自衛隊に災害派遣を要請した。消防は救出活動に乗り出した。ツイッターに投稿された動画では、山の上から土砂が崩れ、ザーというごう音を上げて流れる様子が確認できる。

 

これはツイッターに投稿された動画である。

 

熱海の現場は土石流が起きやすい所

 

地盤災害に詳しい安田進・東京電機大学名誉教授(地盤工学)は、土石流が発生した静岡県熱海市の現場付近について、「現場は火山が近くにあり、火山灰や噴出物が広く堆積(たいせき)していると考えられる。もともと斜面は崩れやすく、土石流も発生しやすい場所だった」と指摘する。

 

 

 

国土地理院などのハザードマップでも、付近は地滑りや土石流、急傾斜地の崩壊などのリスクが高いエリアに指定されていた。安田さんによると、近くでは関東大震災の際の揺れでも大規模な土石流が発生したことがあるという。

 

近くの熱海市網代では、48時間の雨量が300ミリを超え、いつ土石流が発生してもおかしくない降雨量ではあった。

 

ただ、2019年の台風19号では、神奈川県箱根町の48時間雨量が1千ミリを超えるなど、今回よりもはるかに多い雨が降ったこともあった。「2年前に起こらず、なぜ今回発生したのかはまだ分からないが、短時間に雨が集中して降ったといった可能性が考えられる」とした。

 

現地の方が心配ですね。安否不明の方が助かることを願っています。

 

<この記事を読んでる人は下の記事も読んでます>

 

紀州のドンファン事件、須藤早貴被告新たに別件で再々逮捕か?

 

DJ社長【H氏】との解散トラブル、H氏声明文出すも批判集中か?

 

有吉弘行普段の散歩月300キロ歩く?!夏目三久が付き合うドS散歩

 

 

(Visited 169 times, 1 visits today)
タイトルとURLをコピーしました