【暗号通貨】詐欺被害者にさらに詐欺をした疑い カモにされる人

スポンサーリンク

こんにちはカリアゲです。

 

 

「ワールドフレンドシップコイン(WFC)」と名付けた暗号資産(仮想通貨)を作り、無許可で客の取引を仲介したとして、警視庁は8日、東京都港区の会社役員紙屋道雄容疑者(71)ら男7人を資金決済法違反(無許可の交換業)の疑いで逮捕した。捜査関係者への取材でわかった。

 

暗号資産の交換業が許可制になった2017年4月以降、捜査当局が無許可での仲介行為を立件するのは初めて。

 

捜査関係者によると、顧客の多くは、愛知県警などが詐欺容疑で昨年摘発した投資会社「テキシアジャパンホールディングス」(千葉市、経営破綻(はたん))の出資者だった。

 

この事件では、架空の投資話で高配当などを約束して約1万3千人から約460億円を集めたとされ、実質的経営者が今年6月に有罪判決を受けた。紙屋容疑者らはテキシア社の顧客を集めてセミナーを開き、「被害をゼロにする」「WFCを持てば負債をなくせる」などと言って購入を勧めていたといい、警視庁は同社との関連について調べる方針だ。

 

7人の逮捕容疑は、18年11月~19年2月ごろ、暗号資産の交換業を営むのに必要な国の登録がないまま、都内などに住む50~70代の計6人にWFCを販売したというもの。暗号資産は許可を得た業者が国内向けの取引に限って仲介できる仕組み。金融庁によると、紙屋容疑者らは許可を得ていなかったという。

 

警視庁は客から相談を受けるなどして捜査を始めた。今年1月に紙屋容疑者らが経営する都内の会社を家宅捜索し、押収した資料を分析するなどして営業実態を調べていた。

 

 

 

 

コメントまとめ

一度詐欺の被害に遭った方は、カモリストにのり騙されやすい人として別の詐欺を仕掛けられることは良くあることです。世の中に上手い話は無く、簡単に儲けられる!絶対に損はしない!など投資では有り得ません。ですがこの様な話を持ち掛けられ騙される人がいる。
普通の人が話に乗らないなか、騙される人は詐欺からすると騙されやすい人と判断するのです。別の会社を装って詐欺被害者を救済する団体だ、詐欺の損失を代りになんとかする!などと言って更なる詐欺案件を持ってくることもあります。まず最初にうまい話はないと話を聞かない事です。投資は信頼できる企業やマーケットを通して行う事。
損をしない!絶対に儲かるなど言われたら詐欺だと思う事。自分だけは大丈夫だと思っている人に限って詐欺の被害に遭いますので気を付けてください。
「テキシア社の顧客を集めてセミナーを開き(被害回復を謳い)購入を勧めており」
記事内のここが今後のポイントになると考えます。歌手で神主でもあったKINGこと銅子氏とテキシア社関係者らが逮捕されたのが、2019年2月です。

2018年初めに勧誘された方から情報を受けていますが、その時、KINGの講演会と共に仮想通貨の説明会も行われ「知人に広め、流通コインを増やしましょう」との話も出ています。

そもそもKINGやテキシア社の投資セミナーに参加し傾倒していた人たちですから「WFCを持てば負債をなくせる」と被害回復を持ち掛け、お金を出させるのは極めて容易だったと思われます。

テキシア社の関係者らがその後も仮想通貨を使い、投資勧誘を続けていた構図があるのでは、と考えます。「警視庁は同社との関連について調べる方針」とありますが、捜査により悪質な勧誘被害の全容が明らかになることを切に願います。

<この記事を読んでる方は下の記事も読んでます>
(Visited 747 times, 1 visits today)
タイトルとURLをコピーしました