【中国恒大集団】社債利払い実行 とりあえずの安心材料か?

スポンサーリンク

こんにちはカリアゲです。

 

 

 

中国不動産大手、中国恒大集団のグループ会社は23日に社債の利回りを実行すると22日発表した。資金繰り悪化により社債のデフォルト(債務不履行)が懸念されていた。ひとまず足元の危機を乗り越える構えだ。

 

 

恒大傘下の主要不動産会社が発表した。利払いの規模は2億3200万元(約39億円)となる。

 

恒大は23日以降、他にも社債の利払いなどが相次ぐ。デフォルトから経営破綻に向かうとの不安感が完全になくなるかは不透明だ。

 

恒大は、住宅バブルを防ごうとする当局の引き締め政策や景気低迷で経営が悪化。6月末時点の負債総額は日本円で約33兆円相当に上る。

 

 

事情に詳しい関係筋は匿名を条件に「この利払いがその他債券にとって意味するところについては依然として把握に努めているが、クローズアップされていることを考慮すると、彼らは市場を安定させ、その他の利払いも行いたいと考えていると思う」と述べた。

米株先物、人民元、リスクに敏感な豪ドルが上昇。円や米国債といった安全資産は下落。

恒大は23日、22年3月償還のドル建てオフショア社債にかかる8353万ドルの利払いも期限となっている。今回の声明ではこの社債に関しての言及はない。

また、29日には24年3月償還債を巡る4750万ドルの利払いも迎える。

双方の債券ともに、予定期日の30日以内に利払いを終わらせなければデフォルトとなる。

 

バブル崩壊は何がきっかけで起こるかわからない。これから投資を考えてる方は要注意だ。

 

 

債務不履行とは?

 

契約によって約束した義務を果たさないことです。 たとえば、お金を返す約束をしていたのに、約束通りの返済をしなければ債務不履行となります。

 

債務不履行が発生するためには、前提として「契約関係」が必要です。 契約によって、約束した義務が「債務」だからです。

 

 

コメント

 

10月まで何度か償還日があるので、ハードル障害のように、毎回注目されそうです。

中国は10月1日から一週間の国慶節休暇に入るのでそこまではしのいで、休暇中にあれこれ態勢を整えようとするのではないでしょうか。

デフォルト懸念打ち消す
いいえ、違います
懸念は一層増しました
交渉の末にもぎ取ったのですよ
今年の債務利払いは600億もあります
そのうちの30億は微々たるものです
中国恒大が資金調達で投げ売る不動産所有権を、中国国営企業が拾い上げています。
昨年から、民間不動産企業を締め付けているので、狙いは 国有化に戻す事ですね。

政府自体には金があるので、恒大を支援するより 資産を安く買いたたくほうが賢い。
ブラックロックと中国共産党は完全にグルだと思いますがw

各社ニュース映像を見る限りでは、建設中の高層マンションの工事が完全に止まっており、多角経営も行き詰まっており社債利払いを実効できそうに思えません。中国当局でも公的に資金援助でもしたのでしょうか。それよりも、日本の金融機関が中国恒大へ直接或いは間接的に融資しているとその回収が滞る懸念があると思います。

 

 

<この記事を読んでる方は下の記事も読んでます>

 

【きゃりーぱみゅぱみゅ】フェスに関して持論 プロとしての苦悩

 

【ロボット】と性行為が日常になる?男性の48%が歓迎 調査結果

 

【ホリエモン】球団設立したが、地元北九州市は歓迎ムードではない?

 

(Visited 53 times, 2 visits today)
タイトルとURLをコピーしました