また撮り鉄か…踊り子号止めて書類送検 金のために

スポンサーリンク

こんにちはカリアゲです。

 

 

いわゆる「撮り鉄」の男2人が、廃車になる「踊り子号」を撮影するため、JRの敷地内に立ち入った疑いで警視庁に書類送検された。

速度を落として緊急停止しようとする電車。

その先には、カメラを向けていた人たちが散り散りに逃げていく姿が映っている。

千葉市の男(28)と愛知県の男(23)は2020年3月、東京・日野市のJRの敷地内に立ち入った鉄道営業法違反の疑いが持たれている。

この日は、廃車になる「踊り子号」が機関車に連結されて走る予定で、立ち入りにより前の電車がおよそ30分間停車した。

目撃した人「15人くらい結構な人数が線路の敷地の中に入っていた。マナーを守らない人は鉄道ファンをするべきではない

2人は容疑を認めていて、愛知県の男は「高く売れるいい写真を撮りたかった」と供述している。

 

 

運転士目線では、線路近くでの撮影が特に迷惑だという

 

撮り鉄の中には、列車に当たるか当たらないか、ギリギリのところまで近づいてくる人がいるんです。

本人たちはなまじっか知識があって、『車両限界』や『建築限界』は侵していないと言います。要するに接触しない距離は守っているということですが、そもそも『鉄道営業法』という法律では、鉄道地内に入ったらアウトなんです

 

 

距離は関係ないというのは、実際に電車を運転してみれば分かるという

 

車を運転するとき、歩道と車道のギリギリに人がいたら怖くないですか?

車はまだ左右に避けられますが、電車は真っ直ぐにしか走れません。しかもスピードは高速道路並みか、それより速いこともある。

本人たちは大丈夫のつもりかもしれませんが、こちらからすれば、ギリギリまで線路に近寄られたら、当たるか当たらないかなんて分からないんですよ。実際に運転席にいたら、めちゃくちゃ近く感じますよ。

電車は急には止まりません。人影を認めてブレーキをかけても、止まるまでの制動距離は400mになることもある。そんな遠くから接触するかどうかが分かりますか? その人が飛び込んで来ないと断言できますか?

会社からは危ないと思ったら止めろと言われています。急に人が飛び込んできても、減速していれば、運転士がとがめられることはまずありません。でも、当たらないだろうと思って、減速せずに接触したら逮捕されてしまう。人生かけるくらいなら止めるか、少なくともスピードは緩めますよね。そもそも死者を出したくありません。

いつも通っているルートですから、人がいたら分かりますし、撮り鉄の人はカメラのレンズが反射するんで特に目立ちます。線路に〝あの人たち〟の姿が見えるたびに、いつも緊張します

 

次ページは本当に危険なのでやめてほしい

(Visited 370 times, 1 visits today)
タイトルとURLをコピーしました