全国の新規感染者、2万3000人を超える。コメントまとめ

スポンサーリンク

こんにちはカリアゲです。

 

ANNの集計によると、18日午後6時の時点で、全国で新型コロナウイルスへの新たな感染者が2万3000人を超えることがわかった。これまでの最多、13日の2万362人を2500人以上と大幅に上回ることになる。

 

大阪府では初めて2000人を上回る2296人、初めて1000人を超えた愛知県で1227人、兵庫県で1088人など、全国ではきょう24の府県で過去最多の新規感染者が確認されている。

 

コメントまとめ

 

昨夜の総理の会見も官僚が書いた原稿をたどたどしく棒読みするだけでした。
記者の質問に対しては白々しい言い訳を繰り返し、肝心なことには一切答えず、都合の良い事だけはことさら強調し、都合の悪い質問で形勢が不利と分かれば直ぐにキレるなど、誠実さの欠片もありませんでした。そのようなリーダーを支持する人がいるのでしょうか?
そして、感染者数は連日、日本中何処もかしこも過去最多を更新し続けています。総理はどのように責任を感じておられるのか、記者の質問にはお答えになりませんでした。残念です。
緊急事態宣言の延長が来月12日までとなったが、完全に中途半端な設定。
背景にあるのは、総裁選と衆院選であることは明白。

コロナ感染対策を政争の道具にせず全集中が必要。道具にしたいのであれば国民の多くが支持する対策方針と結果を出せば済む話し。

あんたら政治家の思惑により、どれだけ国民が振り回されているか真剣に理解すべき。

今後10日間で20万人の自宅療養者が増加するかも。個別の訪問診療で病状の重い人をみるのはもう無理だろう。

政府もワクチンという数か月先の効果の部分と、今現在急増している患者に対しすぐやることとの区別をはっきりと。

「確保病床」の使用率でも病床は既に限界。酸素ステーションを小規模につくってもとてもカバーできず次に入る病床もない。
明日から大規模施設を準備しても即時に効果はでないが、それでもやらないよりはまし。平面的にすれば医療従事者の負担は少し軽減されるだろう。ベッドも選手村にダンボールベッドが余っているのでは。

酸素吸入器やネーザルハイフローなども補助金を出せば手に入るとしいうものではない。増産依頼をするだけではなく、増産設備資金を出してメーカーの指導を仰ぎ生産、増産した全量を買取り、事後のメーカーのリスクをなくすくらいの決断が必要。

すぐやれることに予算を最大限投入してほしい。

対コロナ後進国決定ですね。

今まで菅総理は繰り返し、
「感染者数は諸外国と比べ抑えられている」
「重症者は増えていない」
などと言い続けてきました。

昨日の会見では
「自宅療養者は必ず連絡が取れるようにする!」
に変更した様です。

でも奇しくも昨日、実際に自宅療養中の40代母親と2人の子供の家庭で、母親は最後まで医療を受けることなく、ご自宅で亡くなってしまいました。

昨日の発言のレベルすら守れないこの国の総理大臣と医療レベル。

自分の1票では何もかわらないと思ってる若者のみなさんへ

投票率知っていますか? 国民の5割以下

そのほとんどが高齢者

国民の残り5割が投票すれば日本は変わるのです

どこの政党でも構いません 自民党がよければそれもいいでしょう

私は絶対に自民 公明には入れませんが

ただ投票率を上げるという事は 民意が反映されるという事

正しく『平等』にです

若者が投票してくれるだけでも変わるのです

1割の人が投票してくれるだけでも状況は変わります

たかが1票ではありません

投票してなかったあなたは、

状況を変えられる10人に1人なのです

夏が終わり今年の冬は一体どうなるのか…
<この記事を読んでる方は下の記事も読んでます>
(Visited 31 times, 1 visits today)
タイトルとURLをコピーしました