【フット岩尾】ヒカルの芸人騒動で持論 成功者なのになんで?

スポンサーリンク

こんにちはカリアゲです。

 

 

お笑いコンビ「フットボールアワー」の岩尾望(46)が13日、ABEMA「ABEMA的ニュースショー」(日曜正午)に生出演し、ユーチューバーのヒカルが自身のYouTubeチャンネルで、あるお笑い芸人への怒りを告白した騒動について私見を語った。

 

ヒカルは4日に投稿した動画の中で、会食に招かれた際に同じくゲストで呼ばれていた中堅芸人から、ユーチューバーをバカにされた経験を怒りまじりに告発。

 

ヒカルが挙げたヒントをもとに、ネット上では芸人を特定する動きや、ヒントに該当する項目がある芸人たちがこぞって名乗り出るなど、騒動になっていた。

 

ヒカルは10日も動画を投稿し、「真っ先に言わせていただきたかったのは、本当に僕が未熟でした。僕って、怒っている動画がバズるっていう習性があって、それに甘えていたって言うか。それを利用しようという気持ちもありました。自分の認識が甘かったです。本当にお騒がせして、すみませんでした」と謝罪した。

 

 

 

一連の騒動について、岩尾は「ニュースでしか知らない」と前置き。

 

『その芸人が稼ぐ生涯年収、俺なんか1~2年(ヒカルの動画内での発言は2~3年)で稼いだるわ』みたいな、すごい…言うたら成功者じゃないですか?」とヒカルを称賛した。

 

その上で、「せやのに、我慢してじっとしとかなあかんみたいな食事会に行かなあかんのやと。そんなん、別にええやんみたいな。成功者やねんから、『僕、気に入らないんで帰りますわ、会計だけ置いていきますわ』。

バーン!で帰るとかじゃないんだ。意外とそうやって我慢して、そういう食事会の席にも出席せなあかんのやというのが意外というか、夢ないなと」とコメント。

 

さらに「成功者というか、若者の憧れじゃないですか?そういうとこ、行けへんのがかっこいいんちゃうか、みたいな」とも話した。

 

また、ヒカルと元お笑いコンビ「雨上がり決死隊」の宮迫博之の騒動にも言及した。宮迫は元相方の蛍原徹に相談なしにYouTubeチャンネルを開設。

 

闇営業問題が未解決の時期に取った決断を、「コラボ相手(ヒカル)の都合」と説明していた。

岩尾は具体的なコンビ名こそ挙げなかったものの、「ヒカル君とのコラボの配信をずらせなくて、ちょっとした遠い原因で解散したコンビもあった。絶対ずらすの、のんでくれたやんって。これだけ聞き分けのいい方だったら」とも指摘していた。

 

 

ネットでの反応

 

そもそもテレビとYouTubeでは、収入形態がまるで違う。
テレビのスポンサーは内容や出演者まで吟味して、企業への影響を考えた上でお金を出すが、YouTubeはその内容や出演者を吟味することがない。ただ再生数を増やせばよいために炎上案件も多く、モラルを逸脱した内容も多い。
テレビ出演者が問題を起こせば出ることすら許されないが、YouTuberはそれすらネタにして収入を得ることができる。YouTuberは下にみられがちというが、このようなモラルのない収入形態の違いが最も大きな理由ではないだろうか?
もし、YouTubeにもテレビのような形態でスポンサーでつくことになった場合、いまいるYouTuberはどれだけ生き残れるだろう?
このような違いを分かっているのに収入でマウントを取るから、YouTuberは…という印象が増えるのだと思う。
この岩尾さんの発言は本当ですか
そんな印象無かったから偏向過ぎて驚きました
出席した食事会でたまたま直の知り合いではない方が居るのは一般人でもよくあることです
ましてやヒカルは起業家で
主催者や紹介者の顔を立ててその場では堪えた、という想像もできるはずです
後でやっぱり腹が立ち過ぎてたんでしょうけど
それを動画で言うことが悪いとも思わない
泣き寝入りしてたら中堅芸人も自覚しなかったでしょうね
食事会で雰囲気を壊さない為に大人の対応を頑張ったことが岩尾さんからしたら
夢がない、と言う評価になるのですね。
結局YouTuberへの批判、収入形態が違うからとか、炎上できるからとか、モラルがどうとか、テレビでは通用しないとか、そちら側のコメントが多いのが目立つが、それがYouTubeという世界であり、芸人さんは芸人という世界があり、比べるものではない。そもそもその芸人がそういう場で本人もいる前で、お前は凄くない!という発言をしなければ何も起きなかった訳で、この件でヒカル側をどうのこうの言うのは違うと思う。
YouTuberはYouTuberなりの、芸人さんは芸人さんなりのネタの拾い方がある。言われたから言い返すというのは昔からネット放送では当たり前のプロレスがあり、それをやっただけと思うけどな。こういう話題が出た時に、しっかり何が悪かったかも指摘なく、今だ!とYouTuberのイメージで悪く言うのが非常に残念で仕方ない。
いろんな付き合いもあるし芸人さんが居る場所にいく事も今後のテレビ進出をにらんだことだろうと思う。でも、そこでの出来事を言うのはさすがに印象が悪いから炎上、即、謝罪動画をあげた。謝罪動画をあげて好印象を狙ってることも堂々と言ってたし、そんな人間をテレビ進出でテレビ局、スポンサーがOKを出すかだろう。別にお笑いでもないし、専門的な知識もあるわけでもなく、相手のあげ足や嫌なところを突いて、相手も追い込むやり方を今までやってきたことが、今の若者のTV離れでそれ以上の年齢にうけるとは到底思えない。
<この記事を読んでる方は下の記事も読んでます>
(Visited 98 times, 1 visits today)
タイトルとURLをコピーしました