【愛知野外フェス】出演のラッパーのコメントに批判な意見が集まる

スポンサーリンク

こんにちはカリアゲです。

 

 

愛知常滑市で8月29日に開催された野外音楽フェス「NAMIMONOGATARI 2021」。

 

約8000人の観客がソーシャルディスタンスを取らずに密集して盛り上がり、マスクをしないで声を張り上げていた客もいたという。コロナの感染が収束せず、緊急事態宣言下という状況を鑑みると考えられない出来事だった。

 

 

報道によると、愛知県・大村知事は8月30日の会見で、「強く要請したことが守られていないことは極めて問題であり遺憾」とこの野外音楽フェスへの憤りを露わにし、主催者や運営会社に猛抗議。

 

主催者側は公式サイトに謝罪文を出した上で、ガイドラインの5000人を超える8000人を超える観客が集まったのは、常滑市がまん延防止等重点措置地域に指定された20日より前にチケットを販売していたためで、酒類の販売については自粛を求められたがキャンセルできない分には県の担当者に事前に報告して販売したと説明した。

 

この弁明を受け、大村知事はツイッターで「その内容には、自分達に都合の良いように事実と異なる記述がなされていますので、ここに指摘をさせて頂きます」反論し、厳重に抗議する考えを示した。

 

主催者側の言い分は苦しいと感じました。酒類の提供が理解を得られるとは考えられないし、『まん防』に指定されなくても感染のリスクを考えて観客は5000人以下にするべきです。音楽、芸術イベントの開催は一様に否定するべきではないと思いますが、こういったルールを逸脱したフェスが開催されると世間の視線はさらに厳しくなる。危機感を持たないとダメですよ」(テレビ関係者)

 

出演ラッパーに批判の声

 

この野外音楽フェスに出演したアーティストの「コメント」にも批判の矛先が向けられている。ラッパーのZeebraはイベント終了後に自身のツイッターで、「国民の皆さんに多大なご心配とご迷惑をお掛けした事、ヒップホップシーンを牽引する立場として責任を感じてます。誠に申し訳ありませんでした」、

 

自分の事務所スタッフは消毒液を配布しながら会場を回り、自分のステージでも注意を促しましたが、そもそも出演すべきでは無かったという意見もごもっともだと思います」、

 

昨日のNAMIMONOGATARI、県のルールに則ってると聞いていたので出演しましたが、開けてみたら危険な状況でした。会場に向かう最中SNSで会場の写真を見て、すぐにスタッフに連絡をし、司会からマスクの着用を徹底させる様に伝えました

 

と連続投稿し、反省の意を示したが、コメント欄には「いい大人が言い訳ですか?見苦しい!!向かう最中に気付いたなら、出演前に変わってないのは分かるだろう!!『この状態では出演出来ない』と断るのが大人の対応。『これだからHIPHOPわ!』と言われる。恥を知れ」、

 

まじでガッカリです、俺は音楽大好きで今のこの世の中大好きなフェス、ライブにも行かず我慢してますがまさかこんなことが行われていたとは、音楽業界がどれだけ我慢してるか分かっているはずですよね?」など怒りのメッセージであふれた。

 

また、フェスに出演したラッパーの般若も自身の公式サイトでラップを公開。「行ったらあんなんだった 物販やろうと思ったけどやめたよ 正しい判断だった

俺のセットリスト バース以外 喋らねえ 煽らねえって決めてる 歌わさねえって決めてる 動画見てみ ありがとうで締めてる それで消えてる

呼ばれたから行っただけ ノーマスク密に酒 アーティスト吊るし上げ 俺はラップで言うしかねえ 責任取れ 家族にうつれ 長渕剛に顔向けできるのか ファン辞めた 失望した」などと綴り、

 

質問したい 正解って何なの? ヒップホップ癌なの?」と問いかけた。さらに、「気分わりいから いらねえよギャラ 上、ちゃんとやって欲しかったっていうのが本音だわ」と不快感を露わにした。

 

SNS、ネット上では「般若の思い伝わってきたよ。出演者を責めるのは違うでしょ」と擁護の意見がある一方、「自己保身ばかり。呼ばれていっただけって恥ずかしくないのかな。コロナ禍で想定できた事態でしょ」など批判的な書き込みの方が多かった。

 

コロナ禍で不要不急の外出が呼びかけられている。ルールを逸脱した行為で信用を失うのは野外音楽フェスの主催者、出演アーティストだけではない。音楽、エンタメ業界全体に迷惑が掛かってしまう事実を認識しなければいけないだろう。

 

 

コメントまとめ

 

出演者はとばっちりみたいに思われるかもしれないけど、この緊急事態宣言中にこのようなイベントに参加するのはどうかと思う。
むしろ辞退もしくは主催者に自粛を要請できたと思う。
今回のアーティストのコメントに心からの謝罪が感じられなかった。
一番責任あるのは主催者なんだけど、結局は参加したアーティストも客も同じだと改めて思ったね。
ジーブラさんは、自分がHipHopの看板を背負ってるみたいな変なこと言ってたな。
今は、自分が公開処刑されてるな。

あのイベントはさすがにないわな、今ではないね。来年であれば状況も違っただろうに。
我慢できない子供の集まりで、それを煽るハングレみたいな構図でした。

日本のヒップホップシーンには波物語の前からうんざりしてた。反社との繋がりをほのめかしたり、薬物売買や特殊詐欺といった行為を「ハスリング」と称してあたかも良い事のように歌うヤツらもいる。ヒップホップはそもそも豊富な語彙や知識が求められるジャンル。ろくに本も読んでないヤツらが書くリリックなんて何も響かないが、日本のシーンはそんなのばっか。ま、本当にヒップホップが好きな人々にとっては、アメリカの本物のヒップホップがあるから、日本の村社会的なレベル低いラッパー達聴かなくてもいいでしょ。日本にもいいトラックメイカーやラッパーも多少いるんだけどね。
<この記事を読んでる方は下の記事も読んでます>
(Visited 349 times, 1 visits today)
タイトルとURLをコピーしました