【柴犬コイン】1年で6000万%上昇 ロビンフットの上場の声多数

スポンサーリンク

こんにちはカリアゲです。

 

 

ニューデリー(CNN Business)暗号資産(仮想通貨)の柴犬コインが27日の取引で史上最高値を更新した。ここ1年での上昇率は6000万%を超える。

 

 

柴犬コインはパロディーとして生まれた仮想通貨で、同じくミーム通貨のドージコインに触発されて誕生したとみられる。仮想通貨情報サイトのコインゲッコーによると、過去24時間での上昇率は30%近く。米国時間未明に過去最高値をつけた後はやや下落したものの、依然として時価総額ベースで第11位の仮想通貨となっている。

過去7日での上昇率は約100%、現在の時価総額は約260億ドル(約2兆9500億円)に上る。

 

ドージコインと同様、このコインも柴犬をマスコットとする。今回の急騰で一部の投資家は瞬く間に富豪になった。

 

 

オンライン署名サイト「チェンジ・ドット・オーグ」では今週、取引プラットフォーム「ロビンフッド」に対して柴犬コインの上場を求める嘆願に支持が集まり、これまでに33万4500人の署名が集まった。

 

ロビンフッドは2018年に仮想通貨のサービスを拡大し、ビットコインやイーサリアム以外にも、ライトコインやビットコインキャッシュを取り扱い対象に加えていた。

 

Shiba Inuコインとは?

 

2020年8月に「Ryoshi」というペンネームで匿名で作成されました。このミームコインは、イーロン・マスク私やヴィタリック・ブテリン氏といった著名人のツイート、様々なメディアの見出し、そしてそのキュートな魅力に惹かれた投資家のコミュニティによって、その価値とスピードを急速に成長させていきました。

 

 

Shiba Inuは、DogecoinのSryptベースのマイニングアルゴリズムに対する、Ethereumベースのマイニングアルゴリズムとなることを目標に掲げました。Shiba InuとSHIBトークンは、Baby Dogecoin、Dogecoin 、JINDO INU 、Alaska Inu 、Alaskan Malamute Token など、犬をテーマにした仮想通貨群の一部です。これらの比較的価値の低いトークンは、Dogecoinが0.0002から0.75米ドル近くまで上昇したことを見逃した投資家を魅了しました。

 

むかしむかし、あるところにとても特別な犬がいました。その犬は柴犬で、この犬に触発された世界中の何百万人もの人々が、その犬のイメージが描かれたトークンにお金を投資しました。

 

 

<この記事を読んでる方は下の記事も読んでます>

 

【天海祐希】いじめを受けた過去 経験から発信【逃げていい死ぬな】

 

【飯島直子】離婚したが原因は重い女で尽くしすぎた?

 

【木下優樹菜】タピオカ店長脅迫で賠償命令 40万円

 

 

(Visited 235 times, 1 visits today)
タイトルとURLをコピーしました