【波物語】音楽4団体が共同声明 苦労を台無しにする暴挙

スポンサーリンク

こんにちはカリアゲです。

 

 

コンサートプロモーターズ協会、

日本音楽制作者連盟、

日本音楽事業者協会、

日本音楽出版社協会の音楽4団体は9月2日、観客が密集していたと問題になっている「NAMIMONOGATARI 2021」などの主催者を非難する共同声明を発表した。

 

 

4団体によると、NAMIMONOGATARIを含む複数の野外フェス公演で感染拡大防止対策ガイドラインに沿った対策が守られないどころか、自治体との協議事項をまもらずに開催した事例があったという。

 

いずれも主催者は音楽4団体に参加していなかった。

 

声明では「音楽業界が過去1年半に渡り、国や自治体などと築いてきた信頼関係を破壊し、医療従事者や関係当局の苦労を台無しにする暴挙」と厳しく非難。それぞれの主催者に厳重に抗議するという。

 

一方、4団体の会員社は「感染拡大防止が第一義」とし、関係当局と協議を重ね、必要な対策を講じる。会場では観客の理解と協力を得て公演を開催したいとして理解を求めた。

 

 

 

コメントまとめ

 

信頼関係を構築するには長い時間と労力が必要ですが壊すのは一瞬です。
たくさんの労苦を嘘で塗り固めたずさんフェスで壊したNAMIMONOGATARI主催者の罪は大変重いと思います。
この、NAMIMONOGATARIの主催者について、
当初、「多少のお酒の提供は行っても大丈夫だと聞いていた」
と主張したのが許せない。

その後、そのようなコンセンサスは県とも市とも
行われていなかったと認めた。

それって、虚偽のステートメントを発表したってことだよね。

「ウェーイ」系の人たちは心象が良くないと思ってるけど、
全員がそういうわけではない。そういう、淡い期待をもっていた。
きっちりしっかりしている人も中には居るだろうという期待。

でも、こういう事をやっていたら、
やっぱり「ウェーイ」系のやつらはそういうのばっかりだな、
などと、印象が台無しになってしまうよな。

4団体が主として構築してきた各信頼関係だが4団体、信頼関係を構築してきた関係各所のみならず各アーティストから現場スタッフ、公演を楽しみにしている人たちなども含め、自分勝手な人たちによって全て壊されたようなもの。
このような人たちだけが利益を得るようなことを許されるのであれば真面目に取り組んでいる人たちは一体何のために我慢を強いられているのか訳がわからない。
<この記事を読んでる方は下の記事も読んでます>
(Visited 537 times, 1 visits today)
タイトルとURLをコピーしました